« 「キリクと魔女」 | Main | 「アメリ」 »

September 25, 2004

「奇人たちの晩餐会」

[DVD映画]★★★★★

こんな変態映画はもちろんアルバトロス配給♪
以前映画館で徒党を組んで観に出陣。そりゃもう小笑い有り、大いありの絶品。
劇場出る時も皆さん大満足の「奇人たちの晩餐会」!!

監督・脚本はフランシス・ヴェベール。1998年の作品。

毎週水曜日、出版社の社長ピエールと友人たちは
“奇人たちを集めた晩餐会”を開いている。
ルールは必ず1人『奇人』=『馬鹿』を連れて来ること。
誰もが認める奇人を連れて来た者がその会の勝者となる 。
彼らは、お互いの連れて来た人間の奇人ぶりを競い合って楽しんでいた。
今夜のピエールは自信があった。
「俺の見つけたヤツこそ、優勝だ!」
それは電車の中で友人が出会ったフランソワ・ピニョン!
…普段は大蔵省の会計係で趣味が「マッチ棒で建物のレプリカを創作すること」。
そんなピエールがきっくり腰で動けなくなり…。

とにかく、お調子者でやることなす事想像以上にマヌケなピニョン。
気がまわらない上、一生懸命やった事が最悪のトラブルに発展するものだから
全く始末におえない。
ピニョンを演じるジャック・ヴィルレの風貌と演技、
存在感が相乗効果で最高に面白い!。
そしてこの映画は、ただ『馬鹿を笑い者にする』だけの悪趣味な映画ではなく、
『馬鹿を笑っているヤツこそが馬鹿』だと描いているのだ。
元々は舞台劇だったらしく、セリフの妙も見どころ!

今回ストーリーを知っているにも関わらず、不覚にも笑ってしまった。
ピニョンも真っ青なお馬鹿さんでおっちょこちょい。
調子にのるとロクな事がないし、日々、間違い勘違いだらけ。
誤植も数知れず…気付いた時点では直しておりますので。
読んで頂いている皆さんスミマセン…。

奇人たちの晩餐会
奇人たちの晩餐会
 

|

« 「キリクと魔女」 | Main | 「アメリ」 »

Comments

こんばんは★
コメントありがとうございました。

アルバトロスってホントにマニアックな映画を配給しますよね!!
特にアルバトロス・コアは最強です(笑)

私もつい最近、アルバトロス・コア配給の『大脳分裂』という映画を観て、ショックを受けた記憶があります。

ピニョンのおっちょこちょいだけど憎めないキャラが良かった!!
ちょっとハゲってところにも萌えですね(笑)

ピニョンを演じたジャック・ヴィルレさんの死はホントに残念に思います。

Posted by: マイコ | December 04, 2005 at 08:19 PM

マイコ さん

こちらこそ!コメントありがとうございますっ!!
『大脳分裂』…おお…ソソられますねぇ…要チェックです。
アルバトロスさん、最近ペット系にまで進出ですね〜。
その手広さにも頭が下がります。
個人的にはマニアックなおバカ映画に力を入れて欲しい♪

ジャック・ヴィルレさん…演技派でコメディ以外でも活躍されていた俳優さんだそうですね。
でも、この作品のキャラは最高でした!!!
 

Posted by: garam | December 06, 2005 at 05:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「キリクと魔女」 | Main | 「アメリ」 »