« 「青の炎」 | Main | 「シリアル・ママ」 »

September 04, 2004

「殺人の追憶」

[DVD]★★★★☆

暗くて、重いが、どっぷり入り込めた。
1986年から1991年にかけて、6年間で10人の女性が殺害されるという
韓国でも有名な未解決事件を題材に、捜査活動をした刑事たちの苦悩を描く
サスペンス・ドラマ「殺人の追憶」。
監督は「ほえる犬は噛まない」のポン・ジュノ。
2003年韓国の作品。

1986年。ソウル近郊の農村の線路近くの溝の中で、
赤い服を着て、手足を縛り上げられた、若い女性の変死体が発見される。
地元刑事のパク(ソン・ガンホ)とソウル市警から派遣された
ソ刑事(キム・サンギョン)は、この事件に挑むのだが、
なかなか手がかりが得られないうちに、新たな犠牲者が出てしまう。
雨の日の夜、赤い服の若い女、ある曲のリクエスト…。
犯行日の共通点はあるのだが、決定的な証拠が無い。
2年制の大学を出て田舎で刑事となった足と勘で捜査するパク刑事と、
4年制の大学を出てソウルで刑事となったクールで頭脳で捜査する知的なソ刑事。
二人の性格も顔も?捜査方法もバラバラの刑事が、
ぶつかりあいつつもこの猟奇的殺人事件の解明に向けて突き進む。
そしてついに、ある人物を見つけるのだが………

韓国の田園風景が美しい。
それと反し、そこに放置された無惨な女性の死体たち…。
雨の日の深夜の女性のひとり歩き。田舎である程恐ろしい。
画面が暗くてよく見えないのもあるが、なかなか犯人の顔が見えない。
とにかく嘘でも『解決』したがる地元警察と
『真犯人』を見つけようと気になるトコロをしらみつぶしに捜査するソ刑事。
そんな対立をしている間にも殺人事件は起こってゆくのだ。

淡々とストーリーが進む中、
知らぬ間に引き込まれていた感じがする。
「ほえる犬は噛まない」でもそうだったが、この監督、
登場人物のキャラクター作りが妙に上手いのだ。
次々とあげられていく容疑者達にせよ、刑事達にせよ、
印象的な濃いキャラクターの人物像を生々しいタッチで描写していく。

とにかく、痛々しい話なのだが、
ソン・ガンホの顔が、蛭子能収に見え、時々くすっとなります。
映画館で観たかったな〜。この作品は!

特典ディスクがとっても豪華らしい。
購入したほうが楽しめるかも!!!。
「ほえる犬〜」のアノ人やコノ人の出演シーンもとりあげられているそう。
気になる!!!

殺人の追憶
殺人の追憶

■ 映画「ほえる犬は噛まない」のレビューはこちら
 

|

« 「青の炎」 | Main | 「シリアル・ママ」 »

Comments

なんともラストが好きでしたねぇ。
いやー、普通の人って言われてもねぇ・・・
うむ
ヱビスさんですかぁ
そりゃ笑っちゃいますよね。
イ・w ・ヒ

Posted by: うっちー | November 29, 2004 at 03:39 PM

うっちーさん

ソン・ガンホさんこの映画のために頑張って太ったそうなんですよ。
そうしたら何と蛭子能収似に見えてしまって…。
こうなったらもうダメですね。
側溝を覗く顔なんて…こんなシーンで、ぷぷっとこみあげてくるんです。
しかし、ラストはひえぇ〜って思いました。
その辺りに居たりして!

Posted by: garam | November 29, 2004 at 11:22 PM

こんちは。
この映画は去年のBESTにしっかり入ってますw。
衝撃的で愕然とさせられるラストシーンはまさに圧巻でした。「オールド・ボーイ」もそうですが去年の韓国映画は見応えがある作品が多かったですね。
TBさせて頂きます、またヨロシクw。

Posted by: lin | January 23, 2005 at 06:35 AM

lin さん

TB&コメントありがとうございます!
韓国映画、いよいよ成熟&洗練されてきていて、面白くなってきましたね…!
特に若手の監督が上手いですね。
「オールド・ボーイ」未見なので、楽しみです。
 

Posted by: garam | January 23, 2005 at 07:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「青の炎」 | Main | 「シリアル・ママ」 »