« 「下妻物語」 | Main | 「悪魔のようなあいつ」 - 1 »

January 17, 2005

「ストレート・トゥ・ヘル」

[DVD映画]★★★★★

まさに、地獄へまっしぐら!!
とにかくバカバカしくてテンポの良いB級お遊びムービ!
1987年イギリスの作品「ストレート・トゥ・ヘル」。
シド・アンド・ナンシー」「ウォーカー」「レポマン」などの
パンク・ムービーの巨匠?であり、
日本のテレビドラマ私立探偵 濱マイク 11話「女と男、男と女」も担当した、
アレックス・コックス監督によるマカロニ・ウエスタン。
共同脚本はこの作品に出演もしているディック・ルード。
サイ・リチャードソンジョー・ストラマーディック・ルード、コートニー・ラヴ、
デニス・ホッパージム・ジャームッシュエルビス・コステロ
グレイス・ジョーンズザ・ポーグス etc…豪華俳優とミュージシャン多数出演。
出演ミュージシャン達によるサントラの音楽もマッチし、
見事に遊び心満点の痛快なマカロニ・ウエスタ風コメディに仕上がっている
この作品は、18年たってもまだ笑えるので、ひょっとして名作なのか?

おまぬけ銀行強盗4人組み、
冷静沈着なボス、ノーウッド(サイ・リチャードソン)
クールだがヤサ男のシムズ(ジョー・ストラマー)
可愛い系キレ・キャラ、ウィリー(ディック・ルード)の3人の殺し屋と、
妊婦でノーウッドの妻ヴェルマ(コートニー・ラヴ)
彼等は逃走中に砂漠のまん中の危険な香りのする荒くれ者の町、
エル・ブランコにやって来た。
この町のボス、マクマホンの部下エンジェル・アイズ(スパイダー・ステイシー)と
ブルーノ(シェイン・マクガウナン)と決闘の最中、
マクマホンを狙う賞金稼ぎのジャーマンを撃ち殺したので、
彼らはこの凶暴でコーヒー好きのマクマホン一家に恩を受ける事になった。
ところが、町に入る前に埋めた盗んだ金の事がバレてしまい、
マクマホン一家はあの手この手で場所を聞き出そうとし始める…。

夫のバイクを洗うのに何というポーズ!!
町の雑貨屋の嫉妬深い夫ジョージ(ミゲル・サンドヴァル)の
妻フェビーヌ(ジェニファー・バルゴビン)の野性的な色気に魅せられるシムズ。
そのシムズも、車のオイルでリーゼントをなでつけるあたりも男の色気ムンムン。
彼等の激しすぎるキスシーンは忘れられない。
マクマホンを率いるフランク(ビフ・イエーガー)の
妻レティシア(スー・キル)にも「抱きな」と脅されやっちゃう色男。
娘ルイーズ(ミシェル・ウィンスタンレー)との純愛を信じるウィリーくん。
妊婦ヴェルマはマクマホンに誘惑され、どうやら4人組みがバラバラに…
それを冷静に見ているノーウッド。
ある日、マクマホンのグランパ(ジム・ファイナー)が、孫娘サブリナに殺され、
これ幸いと大銃撃戦が開始された!!!

この町に立ち寄る怪しいファーベン夫婦(デニス・ホッパー、グレイス・ジョーンズ)
そして誰もが恐れるデイド(ジム・ジャームッシュ)、
パンクなアイリッシュ・ロック・バンド、ザ・ポーグスの面々、
ウインーぼうやカール(ザンダー・シュロス)に執事(エルビス・コステロ)、
銃をかついだいかつい牧師(ザンダー・バークレー)、
キュートで美しくそして誰よりも恐ろしい女達!!
キャラクターと俳優陣が濃いのなんの…
そして、やはり思うのは女は強いぞ、恐るべし生命力!!!

そして、嬉しいのが映像特典「バック・トゥ・ヘル」が約束通り?
約26分も収録されている事だ。
公開当時のエンディングで“Coming soon…”となっていたが、
14年後やっと実現されたわけだ!!
これは監督が撮影・製作当時の関係者にインタビューしてまわったドキュメント映像。
かなりのスタッフと出演者が熱く語る涙もの。故ジョー・ストラマーの晩年の姿も。
予算の無いスペイン・ロケのエピソードと共に、
お遊び感覚で作られたなれそめが堪能出来る。やはり…、このヌケはそれだったか…。
おバカ映画やロック好きには超おススメの逸品。
そいうえば、ザンダー・バークレーって、「24」のシーズン1と2に出演されていた
“あの人”。どこかで観たと思ったらこれだったか!!!
 
ストレート・トゥ・ヘル
サイ・リチャードソン アレックス・コックス ジョー・ストラマー 
ディック・ルード コートニー・ラブ デニス・ホッパー

大変よく出来たサウンドトラック
ストレート・トゥ・ヘル
ザ・ポーグス ジョー・ストラマー マクマナス・ギャング


関連音楽:出演アーティストのアルバム
Very Best of the Pogues グローバル・ア・ゴーゴー ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ 

|

« 「下妻物語」 | Main | 「悪魔のようなあいつ」 - 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「下妻物語」 | Main | 「悪魔のようなあいつ」 - 1 »