« 「ベルヴィル・ランデブー」 | Main | 「スーパー・サイズ・ミー」 »

October 20, 2005

「カンフーハッスル」

[DVD映画]★★★☆☆

個人的にはいまひとつ「笑えねえ〜」。
期待し過ぎたので、大爆笑まではいかず不完全燃焼。
しかし、下らなさは確実にパワー・アップ!!!
おバカ度はモーレツにレベルアップ!!!
濃密に手の込んだ小ネタ、小ワザが満載なので、
常に、プププッ、ウヒャヒャ、アチャー、アタタ、ってトコロ。
これ、劇場で観たほうが楽しめたに違い無い。
DVD鑑賞だったのが残念だ。
少林サッカー」のチャウ・シンチー監督のカンフー・アクション。
あの“ありえね〜”というキャッチは上手い!
ホントに有り得ないマンガの世界。
2004年中国・アメリカ製作…つまりハリウッドとのコラボした
極めて下らなさを追求した映画「カンフーハッスル」。
 

夢は街を牛耳るギャング団“斧頭会”に入ること…
という情けないチンピラ、シン(チャウ・シンチー)。
“斧頭会”を無視して独自に
ある日、たよりな〜い相棒と貧民街の“豚小屋砦”へ乗り込むが、
こ汚い住民達はめっさ強い!!!
後から来た斧頭会の大勢の輩をも片付けてしまう。
そして組長の復讐が始まった…。

* * * * * * * * * * * * * * * 

冒頭はからザックリと…には驚いたけれど、
ちょっととっちらかり間延びした感は否めない。
あの斧のやっさん達にも少し頑張ってもらいたかった。
カンフーの3達人にはもうちょっと活躍していてもらいたかった。
シンチーに至っては…立ち位置が微妙すぎ、ここまで引っ張るか?
と、突っ込み所はいっぱい。
エピドードがあっち行ったりこっち行ったりで、
誰かに感情移入することは出来ず、キャラを応援しにくい作品だった。

が、下らなさは確実にパワー・アップ!!!
豚小屋連中のキャラクターの濃ゆさたるや!!
住人達はお金は無いけれど、異常にムキムキしていて素早い動き。
中にはものすごいカンフーの達人がいて、
「カンフーが得意でどうしていけないの〜?」なんて。
大家夫婦、特にお金にガメつい奥さんには大笑い。
あの騒音おばさん、ただ者で無さ過ぎ!足速すぎだって!!
ゆるやかに空飛ぶ姿はちょっぴりキュート。
伝説のカンフー達人爺さんも良かったな〜。
ビニールのサンダル履きのこ汚い爺さんの強さたるや!
まさかと思った必殺ガマ拳法。
古典的な騙し討ち。おいおい…。
シャウ・シンチーの描く、一見イケてない普通以下の人の達人技。
このギャップは相変わらず面白い。
そういえば、半ケツの兄さんや、口のでかい姉さんは意外と活躍せずだった。
『如来神掌』って…んなアホな。

お約束、少年時代のいい話。
キャンディーのエピソードは、女の子が可愛かったからか(笑)
個人的には今ひとつ…パワー不足で煮え切らず。
だって、シンチーかっこ良すぎ。

世間的にも評判かなりよくて、ワタシが期待し過ぎたのもあるのだが、
エンタテインメント性はアップしたけれど、
ちょっと散らかった印象の作品だった。
素晴しい小ネタの数は多いし、
下らない事にいろんなもん賭ける姿勢は好きなんだけど。
次作に期待!!!!

カンフーハッスル コレクターズ・エディション
チャウ・シンチー ユン・ワー ブルース・リャン
B0001M3XGK

カンフーハッスル 達人之素
チャウ・シンチー ユン・ワー ブルース・リャン
B0009I8T42

 
ハッスル度100%!
かなり面白い
「カンフーハッスル」オフィシャルサイト
 

|

« 「ベルヴィル・ランデブー」 | Main | 「スーパー・サイズ・ミー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ベルヴィル・ランデブー」 | Main | 「スーパー・サイズ・ミー」 »