1 post categorized "文化・芸術"

April 09, 2006

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団「カフェ・ミュラー」「春の祭典」

[舞台芸術鑑賞]★★★★★

すごいものを観てしまった!!!
映画「トーク・トゥ・ハー」の冒頭と最後に出てくる印象的な舞踏の舞台。
これがピナ・バウシュの作品だ。
日本での初公演が1986年で「カフェ・ミュラー」と「春の祭典」
まさに20年ぶりの再演となる。
「トーク・トゥ・ハー」の冒頭に演じられた「カフェ・ミュラー」
(ちなみに映画のラストで演じられるのは「炎のマズルカ」)
が観られるというので、いてもたっても居られずチケット購入!!!
S席ペアだったのでちょっと高価だったが、結果的には大満足!
_______________________________

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 
来日20周年記念講演
「カフェ・ミュラー」「春の祭典」
2006/4/6・7・8・9・13・14・15・16

平日は19:00開演・土日は14:00開演
国立劇場・大劇場
*パンフレットは会場で販売1,500円。

楽天チケット
ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

公演問い合わせ先
日本文化財団
こちらで全ての座席のタイプの予約が可能。
S席で無くても上から全体見下ろす感じでも楽しめるはず!!
ペア・チケットなどお得なものもあるので興味のある方はゼヒこちらで!
その他、e+で予約するとS席のみだけれどパンフレットがついています。
_______________________________

「カフェ・ミュラー」(1978)約45分
3方ガラス張りで回転ドアのある誰もいないカフェに入ってくる
白いスリップを着たピナ・バウシュ演じる盲目の少女(!)
並んだ机や椅子にぶつかりながら、静かに踊り、そして部屋の隅にたたずむ…
そこへまた盲目であるらしい白いワンピースの女性が入ってくる。
彼女も椅子や机にぶつかりながら進み見ていられない…と、
悲しそうな顔のギャルソン風の男が現れ、
彼女がぶつからないように、椅子や机をすごい勢いではらいのける。
ガラスの壁にぶつかって、また戻り、踊る事を繰り返す…。
(ここまでは「トーク・トゥ・ハー」の中でベニグノが解説していた)
更にお店の人であろうか。コートを着てハイヒールの女性がパタパタと店内を走り回る。
気がつくとまた一人、白いシャツの男性が現れ、先程の女性を気にしているようだ。
背の高い黒い衣装の男前が新たに入ってきて、
白いシャツの男と白いワンピースの女の愛の手助け?を始めた。
部屋の隅の少女以外の男性3人女性2人は、
店内中を走り、歩き、立ち止まり、踊り、転げ回り、抱えられ、落とされ、抱き合い、
壁にぶつけあい、奥のデスクに座り、また新たに動きだす事を
少しずつ変化しつつくり返す。
ヘンリー・バーセルの音楽が流れたり、無音だったりする中
ピナ・バウシュ演じる少女は周囲の変化に気付きながら、
どうする事も出来ず、静かに佇み踊るのみ…

「春の祭典」(1975)約35分
茶色い土の上に横たわる女性と赤い布。
大勢の女性達が現れ、その赤い布におののきながら踊り出す。
プリミティブで躍動感のある激しい踊り…
そこへ今度は雄々しい大勢の男性達が現れ、
女性達と共に、または男性達だけで、
あの赤い布を意識しながら土にまみれて激しく踊る!
そのうちある女性が選ばれてしまいあの赤い布を着せられてしまう。
そう、彼女は生け贄に選ばれてしまったのだ。
抵抗することも出来ずにおののき悲しみ、彼女は精一杯踊る…
 

2本の間の休憩の時に舞台のチェンジが幕が降りず、オープンのまま行われる。
そう、カフェのセットを取り除き、次にマットをしきつめて、
大量の茶色の湿った土を約20人がかりで舞台上に盛りならすのだ。
この過程を見ているだけでワクワクする。
このヴッパタール舞踊団には様々な人種のダンサーが在籍しているため、
非常に無国籍な感じがして面白い。
「カフェ・ミュラー」は、
何ともいえない悲しみを含む、恋愛劇を見ているようだ。
時には何ともコミカルな動きに笑い声すら…
それを観る事が出来ない盲目の少女。
でもその状況をステージの背後でずっと感じている。
「春の祭典」の圧倒されるダンサー達のパワー!
その中で赤い布をめぐっての人間模様がくり広げられる。
選ばれたくない!でも…男性達に目をとめてもらいたい女性達。
選ばれた女性を見つめる目の冷ややかな安堵感。
それとは違って常に野性的な男性達。
原始的な“儀式”においての感情の変化、
ストラビンスキーの音楽が終始感情を刺激する圧巻のステージ!!
「ブラボー!」
鳴り止まぬ拍手のカーテンコール。
何度も戻ってきては頭を下げる、彼らの満足げな顔と、
何よりピナの笑顔がとてもキュートで印象的!!! 
あまりにもスリムなピナ・バウシュ!
彼女の踊る姿を生で目に出来とても幸せだった!!!


ピナ・バウシュ?怖がらずに踊ってごらん
ヨッヘン シュミット Jochen Schmidt 谷川 道子
4845999943

ピナ・バウシュ タンツテアターとともに
ライムント ホーゲ Raimund Hoghe Ulli Weiss
488303058X

ピナ・バウシュ中毒
楠田 枝里子
4309266886

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション
レオノール・ワトリング ペドロ・アルモドバル ハビエル・カマラ
B00018GZ0A

■映画「トーク・トゥ・ハー」レビュー

| | Comments (3)

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明