4 posts categorized "映画:ドイツ"

July 04, 2007

「麦の穂をゆらす風」

[DVD映画]★★★★☆

アイルランド独立戦争を通して描かれるのは
ある意味普遍的な戦争の情景であり普通の人々個々の感情。
だからこそ、人の心に語りかけるのかもしれない。

____________________________

「麦の穂をゆらす風」

製作国:イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン(2006)
監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァーティ
音楽:ジョージ・フェントン

デミアン(キリアン・マーフィ)
テディ(ポードリック・ディレーニー)
ダン(リーアム・カニンガム)
シネード(オーラ・フィッツジェラルド)
ペギー(メアリー・オリオーダン)

「麦の穂をゆらす風」オフィシャル・サイト
____________________________

戦争、紛争、ゲリラ線…
1920年のアイルランド独立戦争をとおして見えてくるのは
現在も続いている人間の悲しい本能と愛情の深さと脆さ。
これらが庶民の目を通してストレートに描かれるので
どうしようもないもどかしさが心に響く。

アイルランドの片田舎の農家ではじまりそして終わるのだが、
その間に起きた悲惨な出来事の数々…
戦争だから…それだけで片付けてはいけない
重い悲しい何ともいえないもどかしさが胸をしめつける。
1919〜1921年のアイルランド独立戦争を
1920年のある日から、とある兄弟の目線で丹念に描いている。

アイルランドへの英国の侵略に対抗するゲリラ戦。
少しもの寂しいけれど美しい緑の中で銃を構えて訓練する
農民や少年などの若い一般庶民で結成されている
アイルランド義勇軍〜アイルランド共和軍(IRA)達の姿。
犠牲になりながらも彼らを支え家を守り、強く立ち向かう女性達。

一機関士であったダンと出会ったあの事件。
戦争から逃げて医者になるはずだったデミアンが
幼馴染みを裏切り者として処刑したり
元同胞と闘わねばならなくなった経緯は
運命にしても悲しすぎる。
皆で投獄された時、代表者である「テディ・オドノヴァンは誰か?」と
英国軍に問われた時、すかさず「自分だ」と答えたデミアンだったのに…
仲間を裏切る事…真面目なデミアンの苦悩。
兄テディとの意識のずれが、更に弟の運命を変える…

野山の広がるアイルランド南部の町、コークを舞台に
時代に翻弄された兄弟を中心に
淡々と身近なエピソードとしてアイルランド独立戦争が描かれる。
休戦、そして、念願のイギリス・アイルランド条約。
だが、この時の条約による北アイルランドの帰属問題により
その後の革命運動を二分し新たな闘いを生み
さらにその後何十年もの間IRAは
形を変えいくつもの派閥に分裂しながら
現在も組織は存在している…

冒頭で村人達が可哀想なミホールのために歌った
映画のタイトルでもあるアイリッシュトラッドの曲
“THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY”(麦の穂をゆらす風)
これを観終った後に再び歌詞を確認しつつ聴いてみると
自分の腕の中で恋人を失った、若い兵士の詩なのだ。
祖国のための闘い、恋人の死への恨みの闘い…
何ともいえない苦しみが、美しいメロディと共に流れ出る。

アイルランド人もイギリス人も他の国の人達も
個々では誰も闘いたいわけでも裏切りたいわけでもない。
そうしなければしょうがない状況
自分や家族や同胞が守れないから
命を落とした者に顔向けができないから
若い世代の未来が見えないから…なのだ。
この映画には戦争や人間の本質を問われている気がした。

世界中でくり返されている戦争や紛争
そして近年の数多くのテロ事件…
85年も前の事件だが、現在にまだまだ繋がっているのだ。
カンヌでパルムドール賞をとったの
井筒監督大絶賛(笑)もうなずける。
知っているようで知らなかったアイルランドの歴史。
ちなみに役者さん達は皆アイルランドにゆかりのある人達。
キリアン・マーフィーの変化してゆく切ない瞳がとても印象的であった。

B000NIVIPA麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション
キリアン・マーフィー ケン・ローチ ポードリック・ディレーニー
ジェネオン エンタテインメント 2007-04-25

by G-Tools

| | Comments (0)

December 04, 2005

「ノミ・ソング」

[DVD映画]★★★★★

実在した異形のインパクトたるや!!!
粗いが貴重な動くクラウス・ノミを観る事が出来た!

1980年代初に活躍、エイズで最に亡くなったアーティスト、クラウス・ノミ
その異形さ、奇抜なスタイルと歌声に目も耳も離せない!!
そのセツないカウンター・テナーばりの歌声は一度聴いたら忘れない。

画質や音質は酷いものが多いが、彼の貴重なライヴ映像や会話、
当時の関係者、友人やスタッフ叔母さん等のインタビューを通して、
当時勢いのあったニューヨークでのニュー・ウェーヴ・シーンや、
今にも通じる音楽業界の生々しいせちがらさ、
クラウス・ノミの短い一生の軌跡が明らかになる、
興味のある人間には非常に密度の濃いドキュメンタリー映画。
監督はアンドリュー・ホーン
日本では本年2005年に公開された2003年ドイツ製作の作品「ノミ・ソング」。
 
ドイツからニューヨークへやってきた
1944生まれのオペラ好きの青年クラウス・パーバーは、
妙なパフォーマンスのショウで、宇宙人のような姿で現れアリアを歌い、
当時のニューヨークでめずらしい表現に夢中になっていた連中…
ニューウェイブ・アンダーグラウンド・シーンに受け入れられて一躍脚光を浴びた。
とにかく音楽やステージも含め、自らの奇妙なキャラクター作りに徹したノミは
カメラマンに「白黒になるように科学的に処理された人物」と語られている。
そして、話題になったノミには、あのデヴィッド・ボウイから
TVショウ“サタデー・ナイト・ライヴ”の手伝いを依頼をするまでに…。
これで大ブレイク!と全国的なツアーを組んだが、
盛り上がったのはニュー・ヨークだけ…。
なかなかレコードのリリースにつながらず、
やっとこぎつけたアルバムもフランスでのヒットから
RCAがアメリカでのリリースに踏み切るという後追いであった。
自腹を切ってリリースした2枚目のアルバムとヨーロッパ・ツアーの後、
病は発覚した。

* * * * * * * * * * * * * * * 

日本ではPARCO、イシバシ楽器などの広告や
スネークマンショーとのコラボレーションで話題になったクラウス・ノミ。
ワタシのクラウス・ノミの楽曲の出会いは、たしか15年以上前だったか???
読売テレビでの映画番組“CINEMA大好き”(だっけ?)で
彼の楽曲『Wasting my time』がテーマに使用された時だ。
特集テーマにぴったりで、あまりにもインパクトがあり
レコードや雑誌を探して調べたら…、既にエイズで亡くなっていた。
エイズという病気についてもこの時始めて知ったような気がする。
短命だったのと厳しい状況で作ったアルバムは
オペラ・ロック(1981)』『シンプル・マン(1982)』の2枚のみ。

クラウス・ノミの説明はとても言葉や文章で表せない。
この作品でも例えているような地球外からやってきた異星人。
幾何学的かつ白黒と黒で構成された両性具有の異形の麗人といった容姿。
ソプラノとテナー、ドイツ語と英語、クラッシックとテクノ・ポップで
構成されたエレクトリック・オペラを演じるアーティスト…。
だが、ここに淡々と語られ映し出されるクラウスの姿も、
更に奇妙でありやはり人間なのであった。

繊細なナルシズムと強烈なアーティスト性、アイデア・マン!
友人達の仕事の御礼は、趣味の手作りのパイ。
常に誰かを愛し愛されたかったパーティ好きの寂しがり屋。
ミュージシャンとしての不遇と孤独。
信頼していたスタッフとの決裂。
明らかに合わないバック・バンドで歌うクラウス。
お互いの無知ゆえの、レコード会社との酷い契約と配慮。
そして…病魔。
 
エイズという病気が出現し始めた当時、
テレビで“ゲイの癌”と紹介される新しい病であった。
「僕にもある…腕のと同じだ!」というクラウスの言葉…。
まだまだ未知の不治の病であり、
伝染経路も分らずで、友人達も見舞う事が怖くて出来なかったという…。
とても寂しい最期だったそう。
1983年夏に39歳で亡くなった。

囲の人達によってその才能を利用され利用たクラウス。
だが結果的には孤独に終わった粋なアーティスト、クラウス・ノミの一生。
万人にお勧め出来る作品では決して無いが、
クラウス・ノミのレコードやCDを持っている人には是非観てもらいたい!

[特典映像]
・『THE COLD SONG』『AFTER THE FALL』のフル・ライブ映像
・アンディ・シュワルツインタビュー
・オリジナル劇場予告編
・日本公開時劇場予告編
・コメントのテキスト特典

ちなみに海外版はスリムタイプのフライヤーと同じでカッコよかったのに
ちょっぴり残念な日本版のジャケットはコレ。
ノミ・ソング
クラウス・ノミ アンドリュー・ホーン デヴィッド・ボウイ
B000BB6GKQ

 
〈海外版DVD〉
Nomi Song (Ws)
B00096S43U

 
「THE NOMI SONG」海外版オフィシャル・サイト
画像を見るならこちら!情報豊富で写真もカッコイイ!!
イシバシ楽器のチラシもあります。

「ノミ・ソング」日本版オフィシャル・サイト
ベタですがもちろんわかりやすい。予告編も観る事ができます。
トップでいきなりノミの音楽が流れますので、
ボリュームに注意しつつ、ゼヒお聴き下さいませ…♪
 
〈ベスト盤CD〉
ザ・コレクション~ベスト・オブ・クラウス・ノミ
クラウス・ノミ
B00092QSGE

〈紙ジャケット再発売のCD〉
オペラ・ロック(紙ジャケット仕様)
クラウス・ノミ
B00092QSI2

シンプル・マン(紙ジャケット仕様)
クラウス・ノミ
B00092QSIC

 

| | Comments (0)

November 24, 2004

「グッバイ、レーニン!」

[DVD映画]★★★☆☆

社会主義万歳!そんな母親に東ドイツが無くなったなんて言えない!!

監督はドイツの監督ヴォルフガング・ベッカー
プロデューサーはXフィルム「ラン・ローラ・ラン」のシュテン・アルント。
音楽は「アメリ」のフランスの音楽家ヤン・ティルセン
ベルリン映画祭特別賞、ドイツ映画賞銀賞受賞した、
2003年ドイツの作品「グッバイ、レーニン!」。

1989年、統一前夜の東ドイツ。
アレックス(ダニエル・ブリュール)は、姉アリアーネ(マリア・シモン)と
母クリスチィアーネ(カトリーン・ザース)とベルリンで暮らしていた。
母は西ドイツへ行ったきり帰って来ない父親のかわりに?
東ドイツの『社会主義教育』に愛情を注いでいる。
ある日反社会主義デモに参加したアレックスは警察に捕らえられてしまい、
それを目撃した母はショックで心臓発作を起こし、倒れ昏睡状態に…。
母が意識を失っている間にベルリンの壁は崩壊し、
東西ドイツには劇的な変化が起きた。
そして…西ドイツ資本が入ってきて久しくなった8カ月後、
母は長い眠りから目覚めたのだ!。

ショックを与えると死んでしまう!!!
『社会主義教育』のために生きていた母がショックを受けぬよう、
彼女の愛する東ドイツはそのままだと信じさせるために、走り回るアレックス。
母の看護をしていた、看護士のララ(チュルパン・ハマートヴァ)との恋。
そして…父親失踪の真実とは。

子供の頃に父親がいなくなった時、母が崩壊した姿をみていたアレックス。
その後の異常なまでの『社会主義教育』に情熱を注ぐ母親の姿。
アレックスのこれまた異常な母親への愛情は(母親ゆずりか)徹底しており、
単なるマザコンを超越した爽快感がある。
その小細工たるや!
食料品の詰め替えやラベルの貼り替え、母の友人知人の協力依頼、
そして、なんと自分の職場の相棒とテレビ番組まで作ってしまうのだ。
若い彼自身はやはり社会情勢の変化が楽しいようで、悲愴感があまり無い。
ひたすら母親にショックを与えないようにと
母親用の旧体制の世界を作るべく奮闘する様がこっけいである。
彼の恋するララ役のチュルパン・ハマートヴァは「ルナ・パパ」のあの少女。
ストレートな演技と笑顔とが相変わらずキュート。

東西ドイツの統一で劇的に変わった東ベルリン。
ベルリンの壁の崩壊のニュースはそんな前になるのか…。
あのニュース映像は当時かなり衝撃的であった。
その後の東西の経済落差の問題もあったが、現在はどのようになっているだろうか?

これは1989〜1990年その激動のベルリンでの、ある家族の物語。
母クリスチィアーネは幸せだったんだろうか?
息子、そして娘にあれだけ愛されたのだから、
彼等に優しく騙されてきっと幸せだったに違いない。
もし何かに気付いていたとしても、
たとえば、レーニン像が空を飛んでいたとしても…。


「グッバイ、レーニン!」オフィシャルサイト
見やすく楽しいサイト!『東ドイツのトリビア』で遊んでみて下さい。

http://www.gaga.ne.jp/lenin/


グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!
 

| | Comments (6)

November 15, 2004

「ルナ・パパ」

[DVD映画]★★★★☆

なんじゃこりゃ?こんな映画、観た事無いかも!
とびきり変てこで、ラストシーンには文字どおりぶっ飛んだ!!
不思議で美しいコメディのようなファンタジー作品「ルナ・パパ」
監督はバフティヤル・フドイナザーロフ。
脚本・原作はイラークリ・ナザーロフ。音楽はダーレル・ナザーロフ。
ドイツ・オーストリア・日本制作、1999年の作品。

タジキスタンのとある小さな町に住む
少女・マムラカット(チュルパン・ハマートヴァ)は、
凛とした表情の美しい、踊りや歌や演じる事の好きな17才。
時々『爆発』する厳格な父(アト・ムハメドシャノフ)と
戦争の後遺症で精神を病み『悪魔を憎みんで毎日飛行機になる』
兄ナスレディン(モーリッツ・ブライプトロイ)
との3人暮らし。
兄の薬のために、生活は楽ではないが、仲のよい一家だった。

ある満月の夜、マムラカットは町を訪れた芝居一座の公演を見逃し、
森で舞台俳優と名乗る男に誘惑され妊娠してしまう。
もちろん激怒し『爆発』した父と兄と共に、
マムラカット自身も顔を知らず声だけしかわからない、
彼女のおなかの子供の父親を探し東奔西走するのだ…。

彼等の行く先々で『想像もつかない事件』が次々と起こる。
妊娠させた男はなかなか見つからず、
父と兄とのギャングまがいの劇団員探し。
お金がなくなり、売血しようとした献血車上での警察に追われながらの
マムラカットの新たな出会い。
村人達から売女扱いされいじめられ、家出した彼女は
献血車のヤサ男アリク(メラーブ・ミニッゼ)と再会し
電車から落ちた彼と恋にも落ち、
そのアリクがプロポーズしようとしたら感電、
牛は飛ぶわ、屋根も飛ぶわ、
次から次へと『本当に思いもしない事件』が突然起き、
物語もクルッと想像もしない方向へ。

しかも、悲惨な境遇なのに、
登場人物達の持つキャラクターと力強い行動が、
どこか可笑しく、一種の爽快感すらある。
マムラカットは夢見がちな少女ながらも、気持ちをバシバシ切り替える。
この映画のストーリーテラーの彼女のおなかの中の子供の軽妙なトーク、
妊娠に気付かず野菜の衣裳を着て踊る『収穫アンサンブル』の舞台上のマムラカット、
父の家族への深い愛情(亡くなった妻にも!)と大暴走、
妹思いの兄ナスレディンの、ちょっぴりマヌケな大活躍など
マムラカットとその家族の力強さと愛情は天下一品!
可哀想なアリクのダメっぷりとへっちゃらさも良かったなあ!!

この悲惨なる可笑しさと力強さはユーゴスラビアの映画のテイスト、
エミール・クストリッツァ監督の「アンダーグラウンド」「黒猫白猫」
と近いかも。
この「ルナ・パパ」、気になった方はゆるめの気分でゼヒご覧あれ。
こんなファンタジーもあるのだ!。

ルナ・パパ
ルナ・パパ
 

| | Comments (6)

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明