4 posts categorized "監督:ティム・バートン"

April 07, 2006

「ティム・バートンのコープスブライド」

[DVD映画]★★★★☆

異常なまでにデフォルメされたキャラクターと
実に凝りまくたストップ・モーション・アニメーション!
「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」でおなじみ、
ティムお得意のブッキーなキャラクターと
悪趣味かつ濃厚なティム・ワールド全開の「コープスブライド」!!

ヘンリー・セリックとの共同監督なので
あえて"ティム・バートンの"が入っているあたりが何とも…。
ロシアの民話を題材にした、死体の花嫁と何故か結婚する事になってしまった青年の
生者の世界と死者の世界の壁を越えたミュージカル仕立てのラブ・ストーリー♪
時間がかかる手法ゆえ、最終的に「チャーリーとチョコレート工場」と
同時進行で制作され、同じく2005年に公開されたイギリスの作品。
ご存知のとおり、主人公のビクターの声はジョニー・デップ。
 
物語の舞台は、封建的なビクトリア朝時代。
成金の親を持つビクター(声:ジョニー・デップ)と
落ちぶれ貴族の娘ビクトリア(声:エミリー・ワトソン)。
このお金と地位にしか興味の無い親達の決めた2人の政略結婚だったが、
当人同士は出会った時から魅かれあい、結婚を望むように…。
ところが結婚式の予行練習の日、
ダメダメくんのビクターの失態で、結婚自体が延期になってしまう。
しかも、怪しい謎の招待客がそこへ割り込んできて、
ビクトリアの両親はこの結婚に反対しはじめ、2人の挙式は前途多難に…。
それでも健気に結婚式の予行練習を、一人森の中でしていたビクターくん。
ところがそれが原因で森で亡くなった花嫁エイミー(声:ヘレナ・ボナム=カーター)と
ビクターは結婚の約束をしてしまうハメに…。
突然死者の世界に連れて行かれたビクターの運命は?
そして死体の花嫁=コープスブライドの過去とは???

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

とにかく濃厚な舞台といい、そこで演じるパペット達の表情が素晴らしい!
ピアノを弾いたり涙を流したり、自然な動きに驚いた!

形式を重んじる堅苦しい生者の世界より
束縛されるものがもはやない死者の世界のほうが
生き生きとして見えるのが面白い。

極端に醜い所をクローズアップしデフォルメされたおっさんやおばさんが
腹黒く歌う生者の世界はクラシカルなオペラ風♪
不気味だけれどキュートでカラフルな死者達!
人、動物、虫などがジャジーでファンキーな音楽と共に踊る歌う♪

婚約者である本当の花嫁は強欲で厳格な母親に育てられたが
特別美人ではないが素朴な美しさのある心の綺麗な人
結婚を夢見ていたのに悪い男に騙され殺され森の土の下で
素敵な男が現れるとずっと待っていたコープス・ブライドのエイミーちゃん。
本当の愛を見つけられて良かったね!!!

設定が奇抜なので感情移入しづらいが、
ちょっと不気味なおとぎ話的に十分楽しめる。
「ナイトメア〜」の大人版といった感じかな。
前回は亡霊犬だったが、今回は死体犬(骨犬)が、またキュート♪
強いて難を言えば、序盤まったり進むストーリーと、
最後にハッピー・エンドへとあれよあれよと進む展開。
ラブ・ストーリーとしては、少し残念かな。
とはいえ、キャラクター、背景のセットへの細部までのこだわり、
ひとコマひとコマへの愛情がたっぷりこめられた作品だった♪
 

[特典映像]
本編が70分ほどなのに、特典映像が45とたっぷり!
CGでは味わえないストップ・アニメの制作過程には感服!
あの自然な表情はハイテクなパペットだったなんて…ホント驚き!!
声の出演者ももちろん登場!
こちらは一見の価値あり!
超懐かしい〜トレイシー・ウルマンの姿も♪
まさかビクターの母親の声だとは!!!

「コープスブライド」オフィシャル・サイト

ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートン
B000C0YN6K

| | Comments (0)

「チャーリーとチョコレート工場」

[DVD映画]★★★★☆
 
評判通りの毒々しいが夢のある面白さ!!
何よりジョニー・デップのウィリー・ウォンカの異形キャラ、
そしてディープ・ロイが一人で演じるウンパ・ルンパ達が最高!!!
劇場の大きな画面で観れなくて残念だけれど、
DVDでも特典で楽しめ結構満足の「チャーリーとチョコレート工場」!!
 
監督は奇才 ティム・バートン
ロアルド・ダール原作の『チョコレート工場の秘密』を
濃厚なティム・バートン風味で味付けして映画化した。
2005公開アメリカ・イギリス制作の作品。
ダニー・エルフマンの音楽がこれまたグ〜♪
よくあんなセット作ったものだ!!!

歯磨き粉工場で働く父(ノア・テイラー)、
どんな時でも笑顔いっぱいの優しい母(ミッシー・パイル)
両親と両祖父母と一緒に、今にも崩壊しそうな家で貧しいながらも
愛情たっぷりに育っているチャーリー・バケット(フレディ・ハイモア)。
彼にとっては年に一度、誕生日だけにしか食べられない夢のようなお菓子の
“ウォンカ”のチョコレートなのだ。
チャーリーのおじいちゃんの一人、ジョーじいちゃん(デヴィッド・ケリー)は
世界一のこの“ウォンカ”のチョコレート工場で昔働いていたそうだ。
チョコレート作りの天才、ウィリー・ウォンカ氏(ジョニー・デップ)の
話をするじいちゃんはイキイキとしている。
しかし、ウォンカのレシピが盗まれ、工場を閉鎖して依頼、
この工場に出入りをしている人を見た事が無い。
でも毎日チョコレートを大量に生産している事は確か。
“ウォンカ”のチョコレート工場は謎だらけなのだ…

そんな時に“ウォンカ”の板チョコの中に5枚だけ、
チョコレート工場に5人の子供を招待する“ゴールド・チケット”を封入したと、
ウォンカ氏が発表した!!!!!
世界中でこの“ゴールド・チケット”を手に入れるべく、
これまた“ウォンカ”のチョコレートは売れまくり!
そして、一人また一人と幸運のチケットを手に入れた子供が現れた!
貧しいチャーリーは、ある日道で拾ったお金でチョコを買うが…

 * * * * * * * * * * * * * * 

♪ウィリー・ウォンカ ウィリー・ウォンカ

ウンパ・ルンパ(全てディープ・ロイ)達の面白いダンスと
おちょくりまくった歌詞の唄
そして、こってり凝りまくりのティム・バートンワールド炸裂!!

悪意と期待に満ちた、でも憎みきれない茶目っ気たっぷりの表情!
白塗りメイクにマッシュルーム・ヘア、タキシードにシルクハットとステッキ♪
子供の心のまま大人になってしまったウォンカ氏を演じる
ジョニー・デップでなければ出来ない、
この猛烈に浮き世離れしたキャラクターは必見!!!

印象深いのが可愛い笑顔とまっすぐな少年チャーリーよりも、
不運な他の4人の親子達のほう。

・毎日大量のチョコを食べてゴールド・チケットを手にした
 絵に書いたおやつの食べ過ぎて太ったオーガスタス(フィリップ・ウィーグラッツ)
 とその母。
・金持ちの父ソルト氏(ジェームズ・フォックス)を持ち
 欲しいものは手に入れないと気が済まない、
 贅沢放題の我がままお嬢ベルーカ(ジュリア・ウィンター
・何でも一番を目指すよう母ボーレガード夫人(ミッシー・パイル)にしつけれらている
 ガム好きのスポーツ・バカの少女バイオレット(アンナソフィア・ロブ
・ゲームおたくで計算好き。そして極めて狂暴性も高いチョコ嫌いの
 マイク(ジョーダン・フライ)と
 ボーっとした大人しいその父ティービー氏(アダム・ゴドリー)

チョコまみれになった子、
真っ青な風船のように膨らんでゴム人間になっちゃった子
リスにお仕置きされゴミまみれになっちゃった子、
小さく縮んで延ばされてヘラヘラになっちゃった子
悪ガキどもにはちょっと行き過ぎた悪趣味なお仕置き。
ウォンカはこの凝った手口で(ほんの少しだけ期待はしつつ)
世間やおバカな親達に仕返しして楽しんいるようにしか見えない。
でもチョコレートに対する愛情と情熱は異常なくらい…。
ウンパ・ルンパ族や動物達しか信じない、ちょっと孤独なウォンカ。
貧しいけれど、貧しいがゆえにチョコに対する愛と理解のあるチャーリーに出会って
家族の大切さを知ったのね。

ヘッド・ギアの歯列矯正器を頭にがっちりはめられて、
甘いものは一切食べさせてもらえなかったウォンカ。
歯医者の父親ドクター・ウォンカ(クリストファー・リー)の反面教師で、
チョコレートの夢のような味のとりこに…
ついにチョコレート屋になり、才能を活かして大成功の末、企業秘密を盗まれ大失敗…
これらのトラウマで人を信じられなくなった大きな子供のウォンカ。
お仕置きされた子供はちょっと可哀想だけれど、
おバカな親達には良い薬になったかな。
貧しいけれど、あまりにも純粋でまっすぐで、
チョコレートが大好きなチャーリーによってウォンカ自身もトラウマを乗り越える。
大切な事を子供達にもちゃんと教えてくれるそんな作品。

[映像特典]
セル特典ディスクには
74分ものメイキング、インタビューなどの特典映像が満載!
極限までセットと俳優・動物達を使い、
不可能な部分のみをアニマトロニクスやCGで作り込むという
こだわり一杯の涙ぐましい制作過程には感動すら…
ウンパ・ルンバのディープ・ロイさん。リスの調教の方、お疲れ様!!
悪ガキやチャーリーと遊べるゲーム
ウンパ・ルンパのダンスレッスンが、かなり楽しい♪
 
チャーリーとチョコレート工場 特別版
ジョニー・デップ ロアルド・ダール ティム・バートン
B00067HDXE

チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
ダニー・エルフマン サントラ
B000A0YA9M


チャーリーとチョコレート工場、ポスターB チャーリーとチョコレート工場、ポスターC チャーリーとチョコレート工場、ポスター チャーリーとチョコレート工場・ミニポスターB チャーリーとチョコレート工場・ミニポスターC チャーリーとチョコレート工場、ドアポスター

チャーリーとチョコレート工場 ポスター検索

チャーリーとチョコレート工場の魅力的なポスターいっぱい♪


「チャーリーとチョコレート工場」オフィシャル・サイト
インタビューやゲームやダウンロードできるアイテムもあり、楽しすぎ♪

| | Comments (0)

November 18, 2005

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

[DVD映画]★★★★☆

何てワクワクするんだろう!
いちいち細部まで凝りまくりった、ブッキーでキュートな
ティム・バートンワールドがたまらない!
ミュージカルが苦手なワタシでも拒否反応起こす隙間も無いほど、
濃密な映像にマッチした音楽がこれまた素敵で衝撃的♪

コープス・ブライド」が上映中というのと、
ハロウィンが終わりクリスマスの準備というタイムリーさからか、
レンタル全て貸し出し中…。
別のモノへと振り返ったところに「こちら丁度戻ってまいりました♪」と店員さん!
おお…ラッキ〜♪
しかし、コレ1994年公開の作品で、しかもDVDになって3年ほどたつのに
「人気商品なので3泊4日になりますがよいですか?」ときた。
なんと!そんな事があるのね…。
このカウンターの姉さんは不愛想で態度悪くてイラッときたが、
先程の店員さんの商売根性とサービスに免じて許してしまおう♪

前述のとおり製作年は1993年アメリカ。
原案・キャラクター原案がティム・バートン
監督はバートンの盟友ヘンリー・セリック
製作はティム・バートンとデニーズ・ディ・ノヴィ
脚本はキャロライン・トンプソン。撮影はピート・コザチク
素敵な美術はディーン・テイラー
作詞・作曲、主人公ジャックの歌はダニー・エルフマン
ティム・バートンがディズニー・スタジオ在籍中から温めていたらしい、
全編ストップモーション・アニメーションが使われた、
大人も子供も楽しめる世にも無気味で美しいファンタジー・アニメ♪
これは遠い昔の祝日の国のおはなし…「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
 
 
♪『THIS IS HALLOWEEN, THIS IS HOLLOWIN』
魔女、吸血鬼、狼男、ミイラ、ベッド下のオバケ、諸々のゴーストなどなど…
驚く事、恐ろしい事が大好きで不気味だけれど、
どこか愛らしい住達が暮らす街、ハロウィン・タウン。
彼らの1年間は全てハロウィンのために注がれる。
カボチャの王、骸骨頭のジャック・スケリントン(声:クリス・サランドン)は、
その素晴しい演出で皆の憧れ、尊敬の的。
今年のハロウィンも大成功に終わったが、翌日からは次の年の準備。
毎年同じハロウィンの準備に虚しさを感じていた…。
悩みながら森の中をさまよい歩いていたジャックは
彼の愛犬、幽霊犬のゼロと一緒に色々な形の扉がついた木を発見。
その中のクリスマスツリーの形のドアを開くと…
真っ白な雪と賑やかな光りと音楽の溢れる、クリスマス・タウンが現れた!!!

♪『WHAT 'S THIS?』
初体験のクリスマスに魅せられ憧れた彼は、
ハロウィンタウンに戻り、クリスマス・タウンの素晴しさを住民に力説!
そして、来年のクリスマスにむけ、自宅にこもりクリスマスの研究や実験に没頭。
だが、調べれば調べる程クリスマスは奥深い…理解出来ない謎がある。
でも…ハロウィン・タウン流にだが…あの素晴しさを伝え実践したい!

♪『MAKING X'MAS』
そして…クリスマスを行うべく準備を開始した!!
ジャックを影ながら愛している、つぎはぎ人形サリー(声:キャサリン・オハラ)は
そんなジャックが心配だ……
ロック、ショック、バレルの悪戯3人組のボス、
ウギー・ブギー(声:ケン・ペイジ)も何やら不穏な動き…。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

自分流に理解したクリスマスの指示をするジャックの説明、
(まるでサンタはクリスマスの支配者で恐怖の赤い大きな怪物)
大喜びで楽しそうに(感性の違いから)ちょっぴり勘違いしながら
クリスマスの準備をするハロウィン・タウンの住人達の滑稽さ。

とにかく不気味で可愛らしくて憎めないハロウィン・タウンの住人達。
彼らのキャラクターといい、表情といい、デジタル処理をしているにも関わらず、
これがとてもい〜動きなんですっ!!
その街の細部までモノトーンでグロテスク…
ジャックのネクタイはコウモリだし、
チャイムはクモ、音は“叫び声”、サイレンも“猫の声”。
そんな街で作られたクリスマス・グッズだもの♪
しかもリボンの黒いプレゼントの箱や、靴下の中身といい、
スケルトンなトナカイに棺桶のソリなどなど…
彼らのセンスで選ばれるモノだから人間達には迷惑極まりない。
悪気は全くないのに…
人間達を喜ばせようとしたのに…
逆に攻撃されて悲しみに落ち込むジャック…とその開き直りの早さたるや(笑)

自分を創ったフィンケルスタイン博士(声:ウィリアム・リッキー)から逃げようと、
何度もイヌホオヅキの毒で眠らせて脱走しては連れ戻されるサリー。
愛するジャックのためにきめ細やかな心配りを欠かさない。
休暇を与えられるべく?誘拐されたサンディー・クローズ(声:エド・アイヴォリー)
も、この街でまともなのはサリーだけと言っていたし。

松本零二のキャラっぽいフィンケルスタイン博士、
光る鼻でフワフワ浮かぶゼロくん、
表情豊かなジャックの顔が可愛くてついつい何度も観てしまう〜。
人気にも納得。シーズンものとして年1度観ても良いくらい。
個人的にはジャックとサリーのラブ・ストーリーというより
“餅は餅屋”“隣の芝生は良く見える”そんな諺が思い浮かぶ。
 
昔ビデオで観た時は泥酔で眠ってしまった記憶があるけど
ちゃんと映画はシラフで観ないと…と反省。
ティム・バートンさんご免なさい!!
素晴しい作品でしたっ!
 
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ヘンリー・セリック ダニー・エルフマン クリス・サランドン
B0009QX4NU

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション
2005-11-23再発売のスペシャル版らしいです。根強い人気。
B00006LSZ4

 
ナイトメアー ぬいぐるみ ジャック S ディズニー マジカルコレクション 113「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」ジャック・スケリントン サンタVer ディズニー マジカルコレクション 114「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」サリー ナイトメアー ウギー・ブギー S ディズニー マジカルコレクション 115「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」ロック、ショック&バレル
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」グッズ検索
なんともいえないキャラにハマりそう…。

Corpse Bride - Statue Series : Scraps Corpse Bride - Statue Series : Corpse Bride コレクションドール/ビクター Y-231
「コープス・ブライド」グッズ検索
こちらもブッキーで可愛いキャラでソソラれます。
 

| | Comments (2)

November 15, 2005

「シザーハンズ」

[DVD映画]★★★★☆

切なすぎる人造人間の恋。
ジョニー・ディップの顔色の悪いメイクと悲しげな表情がとにかく印象的だった。
手がハサミになった人造人間エドワードとキムの奇想天外なファンタジー。
監督は奇才ティム・バートン。1990年アメリカの作品「シザーハンズ」。

雪降る夜、「どうして雪が降るの?」という孫娘へのお祖母さんの“おはなし”で
この物語は始まる。

山の上の屋敷に老発明家(ヴィンセント・プライス)が住んでいた。
彼はついに、両手がハサミの人造人間…
エドワード(ジョニー・デップ)を作るのに成功した!!
ところが、老発明家はエドワードを残して死んでしまう…。

そこへちょうど化粧品のセールス、ペグ(ダイアン・ウィースト)が
山の上の屋敷を訪ねてきた。
不憫に思ったペグはエドワードを彼女の家、ボッグス家へ連れ帰ったのだ。
夫ビル(アラン・アーキン)小学生ケヴィンは、この変てこな来客を受け入れる。
ある日エドワードはハサミで庭木をキュートな動物の形に刈り取り、
続いてペットの犬の毛、女性達の髪もモダンにカット。
斬新なデザインで素早いカットのエドワードはたちまち人気者に!!!
そこへ高校生キム(ウィノナ・ライダー)がキャンプから帰宅した。
家には世にも奇妙なエドワードが!。
最初は怖がるキムだったが、ピュアエドワードにどんどん惹かれていく。
それがキムのBFジム(アンソニー・マイケル・ホール)は面白くない。
エドワードに罪を被せてエドワードとキムの間を裂こうとするのだが、
二人の恋には逆効果。
ただ、近隣の人達はこの事件でエドワードに疑いを持ち、
彼を嫌悪し避けるように…。

クリスマス前の夜、エドワードが氷で彫った天使、
そして削った氷が雪のように…その中でキラキラ踊るキム!
エドワードはキムがどんなに好きでも愛する事が、抱く事さえ出来ない。
なぜなら両手のハサミで傷つけてしまうのだ。
エドワードの切ない心と葛藤、怒り、絶望…。
独りまた山の屋敷に戻るエドワードには、
生みの親の老発明家の残した愛情も虚しいのだ。
そして、恐ろしい集団の妄想。

人間の身勝手さ、異質なものへの興味と嫌悪、
そして純粋な“愛”について描いた秀作だと思う。
クリスマスが近くなると、街や家々に灯されるイルミネーション。
あれを観る度、この映画を思い出す。
 

シザーハンズ 特別編
B000BX4AIO

シザーハンズ
サントラ
B000AU1N10

2005/12/16発売
ジョニー・デップ セット (Amazon.co.jp仕様)
B000BUN0BA

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明