11 posts categorized "●アクション系"

September 11, 2007

「エル・マリアッチ」

[DVD映画]★★★☆☆


ロバート・ロドリゲスが最大限に節約し7000ドルで自主制作し
サンダンスで評価されたという長編デビュー作。
スペイン語圏市場用に作ったため全編スペイン語(笑)
脱獄囚と間違えられたマリアッチ(流しの歌手)志望の青年が
とんでもない騒動に巻き込まれてゆく…という
メキシコ舞台のアクションもの。

_______________

「エル・マリアッチ」
原題:EL MARIACHI

製作国:アメリカ(1992)
監督:ロバート・ロドリゲス
製作:カルロス・ガラルドー/ロバート・ロドリゲス
原案・脚本・撮影:ロバート・ロドリゲス
音楽:マーク・トルエーロ/アルバロ・ロドリゲス/ファン・スアレス
   セシリオ・ロドリゲス/エリック・ガスリー

出演:
エル・マリアッチ(カルロス・ガラルド)
ドミノ(コンスエロ・ゴメス)
ビゴトン(ジェイム・デ・ホヨス)
アズール(レイノル・マーティネス)
モーリシオ(ピーター・マルカルド)
_______________

これも懐かしい〜作品ですな。
おそらく「サボテン・ブラザース」とか「エル・パトレイロ」とか…
あのあたりの作品と2本立てかなんかで観た記憶が…。

さて、久しぶりにちゃんと観ましたが
やはりゆる〜いながらも結構イケます!!!
ゆるゆるまった〜りした部分と、
スピード感のあるアクション部分とくだらない演出が妙にマッチ。
ギターケースの中の銃…ってのがミソですね。
一応続編とされている「デスペラード」で
ギターケースが大活躍するわけですが
この「エル・マリアッチ」では
ギター弾きの兄ちゃんが殺し屋と間違われて命を狙われる中
望まずしてハードボイルドな男に成長?してゆく所が面白い。

役者はほとんど素人やスタッフばかりなので演技力がどうとかではなく
とにかく素人ならではのキャラがたっていますね。
ホテルのおやじの電話とか、悪役の彼のマッチとか、
微妙なルックスの姉さん達にもツッコミ入れながら笑えます。
小物や生き物を使って無理矢理まとめている青臭さもグッド!

コレをサンダンス映画祭で評価されて
コロンビアに買い取られたというロドリゲスの出世作。
制作費7000ドルとひたすらケチった低予算を売りにしているトコロも笑えるが
怪我の功名というか、低予算ゆえの対策が面白いと評価され世の中わからんもの。
最初の長編…習作的な作品って、色々詰め込みすぎがちなのに
この「エル・マリアッチ」はいたってシンプル
撮りたいもののビジョンも明確で
情熱と創意工夫だけで、粗いけれど力強い作品になっています。
元々スペイン語圏で売ろうとスペイン語で作った…という
ニッチな発想が逆に利いていたりもしたんでしょうね。

ちなみに映像特典&監督コメンタリーは一見の価値あり。
まずこれから映画を撮る人に…『30本目までは駄作だから』と言い切り、
リーズナブルにビデオでガンガン作品作って
金のかかるフィルムは映画会社に任せよう!と指導(笑)
そういやこの「エル・マリアッチ」の映像がキレイだったのも
オリジナルはビデオだったからなのね…
(映画館で観たのはかなりノイズあった記憶が)
現在ではデジタルで更に撮影&編集もリーズナブルに出来るようになったので
とにかく“やってみる”事が大切ですな。

そしてとにかくセコイ!
いかに無駄をはぶいてケチるか…という監督のコメントが炸裂!!!
だが、何となく貧乏な同世代のワタシとしては
別に映画を作っているわけではないけれど
わかる…わかるよ…そうなんだよ…とひたすら同感。
たしかにギャラと食事代はバカにならんですからね。
サンダンスに出品されているものには
超低予算のものが多いけど、この作品の徹底っぷりには爆笑。
そして基本的には全部自分で行い身内&地元を上手く使い
役者の拘束時間を減らすのが安く上げるコツと連呼。

数年後に自宅にスタジオを作り制作している彼の言葉だけに
妙〜な説得力がありますが、
多才な完璧主義というより地元&ファミリー大好きな貧乏性という気が…
身内友人のキャスティングもひいき目というより
なんだかケチっている気がしてならないですね(笑)

映像特典で何よりも注目すべきはモノクロ短編の『BED HEAD』
寝癖ヘアで粗野なお兄ちゃんをコントロールしちゃう小さな妹の物語で
当然チープでバカバカしいんですが
おしゃれとは正反対のダサダサ加減と
その、どうしようもない“下らなさ”と明解さがグッドです。
好き嫌いは激しく分かれるでしょうが
自分の子供のためだけに?キッズムービー作ったり
家庭崩壊しつつも大金使ってチープなおバカな映画作ったり
初心を貫いているのか、興味の赴くままなのか…
生真面目素直にダサいおバカ映画を作るロドちゃんの姿勢は微笑ましい。
今後も素直な映画バカを極めて欲しいですな。


B000OPOBHOエル・マリアッチ コレクターズ・エディション
カルロス・ガラルド コンスエロ・ゴメス ロバート・ロドリゲス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-30

by G-Tools

デスペラード三部作のお得なパック。
ちゃんと特典映像もそれぞれ入っているのでおすすめです♪
3MY BOX デスペラード三部作パック
アントニオ・バンデラス カルロス・ガラルド ロバート・ロドリゲス
B000BVVFSY

ロバート・ロドリゲスのハリウッド頂上作戦
―23歳の映画監督が7,000ドルの映画でメジャー進出!

ロバート ロドリゲス Robert Rodriguez とちぎ あきら
4880082554

■ 監督:ロバート・ロドリゲス

| | Comments (0)

September 01, 2007

「グラインドハウス U.S.A.バージョン」

[劇場映画]★★★★★

ロドリゲス&タランティーノ監督とその仲間達が作り出す
B級レトロで下らな〜いグラインドハウスワールドは、もう最高!!!
ゾンビ&スラッシャー好きの方限定でおススメ。
ゼヒこのバージョンでのDVD化を求む!!!


せっかくなので8/24〜8/31限定上映だった

『グラインドハウス』U.S.A.バージョンを観てきました!

料金¥3,000というのがネックでしたが
ロドリゲス&タランティーノ監督のマニアックな世界を
3時間11分思う存分堪能!!!大満足♪♪♪

映画『GRINDHOUSE/グラインドハウス』ポスター

コレってそもそもが両監督が
スラッシャー、セクスプロイテーション、ブラックスプロイテーション、
カー・アクション、マカロニ・ウエスタン、香港カンフー
などなどのB級を映画一緒くたに予告編と共に2〜3本立上映されていた
70年代の『グラインドハウス』ワールドを自分達で作っちゃおう!
と、本編2本と間に流れる予告編まで作って1作品にパッケージしたものだそう。
日本ではおそらく大人の事情で
ロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」
クエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」
をそれぞれ再編集して単品公開されるのですが
せっかくならこのU.S.A.バージョンをと最終日の最終回に鑑賞。

何と言ってもフェイク予告編が観たいじゃないですか!

深夜ですが…満員。(予約しておいて良かった)
パンフレットも売切れ、プレゼントとやらも引換券だし、ショップも閉まるし…
今ひとつの劇場対応でしたが座席も観やすく小さめのスクリーンもそれっぽいし
何よりもファン達のノリが最高でしたね♪
前後左右お兄ちゃんの笑い声といい、拍手といい、
ワタシが目立たず助かりました(汗)感謝です♪♪

 
1. フェイク予告編 「マチェーテ」 ロバート・ロドリゲス監督
2.『プラネット・テラー アメリカバージョン』 ロバート・ロドリゲス監督
3. フェイク予告編 「ナチ親衛隊の狼女」 ロブ・ゾンビ監督
4. フェイク予告編 「Don't/ドント」 エドガー・ライト監督
5. フェイク予告編 「感謝祭」イーライ・ロス監督
6.『デス・プルーフ アメリカバージョン』 クェインティン・タランティノ監督


の順序でテンポも宜しく下らな〜い予告編開始と共に爆笑♪
ホントに贅沢にも良く出来たフェイク予告編は観てよかった!!!
フェイク予告編なのに、某有名俳優さん達が出演していたり
とにかくグハハ…とバカウケ状態でしたよ。
どうやら最初の「マチェーテ」だけは
単品上映の『プラネット・テラー』でも上映されるそうなのでお楽しみに。

ちなみにプリント数の少ないインディーズ映画にありがちな
プリントの派手な傷、飛び、ブレ、リールごと紛失…
までもが、本編にもフェイク予告編にも緻密に再現されているのも
なかなかオツでした。
昔は学園祭や自主映画上映なんかで、フィルムが燃えたりしてましたもんねぇ〜


さて…本編達を軽く紹介

『プラネット・テラー アメリカバージョン』もう最高!!!
ゾンビ映画なのでダメな方は最悪でしょうが
お約束もきっちり守つつ、タイミングもバッチリのとにかく下らないネタがイイ!!!
そして何といっても…見所はチェリーちゃんの武器、片足マシンガンですな(爆)
タラちゃんの“変態”っぷりもおさえておきましょう。
あ、ブルース・ウィリスの情けない姿
某ドラマで活躍していたナヴィーン・アンドリュースにも注目!!!
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』を越えるバカバカしさでした。

映画『グラインドハウス/プラネット・テラー』ポスター 映画『グラインドハウス/プラネット・テラー《黄》』ポスター

オリジナル・サウンドトラック「プラネット・テラー in グラインドハウス」
サントラ ローズ・マッゴーワン
B000UJAOV6

そして…

『デス・プルーフ アメリカバージョン』がこれまた素晴らしい!!!

まった〜りした女の子達のバカバカしい会話が進み
ゆる〜い展開に飽きた頃…
突如カーアクション&スラッシャーものへ急変!!!
もちろんタラちゃんならではの復讐劇&オタクネタも満載で
ラストには館内大拍手!!!!!
物事の二面性を上手く利用し極端にバカバカしく描いていますな。
何よりもゾーイさんとキム姐さんが素敵すぎるのと
スタントマン・マイクに扮するカート・ラッセルの切ない瞳〜(笑)
『プラネット・テラー』に出演していたアノ人やコノ人もご登場と
これも見所であったりします。

映画『グラインドハウス/デス・プルーフ』ポスター

デス・プルーフ in グラインドハウス
オリジナル・サウンドトラック
B000TGIQWE

とにかくエロ、グロ、ナンセンス、バイオレンス満載でもちろんR指定。
誰にでもおすすめ出来るものではありませんが
ロドリゲス&タラちゃん&B級映画好きの方には
両作品超おすすめ〜!!!
どちらも力強い女性達とそんな女性達に弱〜い男達を
バカバカし〜く描いております。


気が早いですが、これらの作品のDVDは
フェイク予告編を入れた
このU.S.A.バージョン完全版とかで発売して欲しいですね。
絶対買いますから…ゼヒ!!!

_________________

「グラインドハウス U.S.A.バージョン」
原題:GRINDHOUSE

製作国:アメリカ(2007)
映倫 R-15

監督:ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ他
脚本:ロバート・ロドリゲス:「プラネット・テラー」&「マチェーテ」
   クエンティン・タランティーノ:「デス・プルーフ」
撮影:ロバート・ロドリゲス「プラネット・テラー」&「マチェーテ」
   クエンティン・タランティーノ「デス・プルーフ」
出演:

「プラネット・テラー」
ローズ・マッゴーワン:チェリー
ブルース・ウィリス:マルドゥーン
フレディ・ロドリゲス:レイ
ジョシュ・ブローリン:ブロック医師
マーリー・シェルトン:ダコタ
ジェフ・フェイヒー:JT
ステイシー・ファーガソン:タミー
ナヴィーン・アンドリュース:アビー
マイケル・ビーン:ヘイグ保安官
レベル・ロドリゲス:トニー
ジュリオ・オスカー・メチョソ:ロミー
ニッキー・カット:ジョー
エレクトラ・アメリア・アヴェラン
エレクトラ・イザベル・アヴェラン
トム・サヴィーニ
カルロス・ガラルドー
マイケル・パークス
クエンティン・タランティーノ

「デス・プルーフ」
カート・ラッセル:スタントマン・マイク
ロザリオ・ドーソン:アバナシー
ローズ・マッゴーワン:パム
シドニー・ターミア・ポワチエ:ジャングル・ジュリア
ゾーイ・ベル:ゾーイ
マイケル・パークス:アール
メアリー・エリザベス・ウィンステッド:リー
ヴァネッサ・フェルリト:アーリーン
ジョーダン・ラッド:シャナ
トレイシー・トムズ:キム
マーリー・シェルトン
ニッキー・カット
イーライ・ロス
クエンティン・タランティーノ:バーテンダー

「マチェーテ」
ジェフ・フェイヒー
ダニー・トレホ
チーチ・マリン

「ナチ親衛隊の狼女」
ウド・キア
シビル・ダニング
シェリ・ムーン・ゾンビ
ニコラス・ケイジ

「Don't/ドント」
マシュー・マクファディン
ケイティ・メルア
ジェイソン・アイザックス

「感謝祭」
ジェフ・フェイヒー
ジョーダン・ラッド
マイケル・ビーン
ティム・ロビンス

「グラインドハウス」オフィシャル・サイト
_________________

2008/3/21にUSAバージョンのDVD-BOX発売決定!!

B0011DTTC0グラインドハウス コンプリートBOX(初回限定生産)
ゾーイ・ベル ロザリオ・ドーソン クエンティン・タランティーノ
ジェネオン エンタテインメント 2008-03-21

by G-Tools

グラインドハウス映画入門 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
4862481906

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック
エンタテイメント書籍編集部
4797344636

■「グラインドハウス U.S.A.バージョン」レビュー
■監督:クエンティン・タランティーノ
■監督:ロバート・ロドリゲス

| | Comments (0)

January 31, 2006

「あゝ!一軒家プロレス」

[DVD映画]★★★☆☆

個人的に好き!期待以上の出来!!
故、橋本真也氏の真剣な表情がなかなか素敵だった!!!
強くて可愛いいソニンゃんにもグッとくる。
一部のプロレス・ファンなど人によってはかなり楽しめるかと思う!!!!!

製作・企画が高橋がなり、原案はテリー伊藤、監督は久保直樹という
特殊な感じの濃いメンツ。
ソフト・オン・デマンドの初の一般映画制作の作品らしい…。
でも、エロさを期待してはダメ。
大真面目に下らな〜い“格闘ゲ−ム的人情ドラマ”が見事に繰り広げられている、
TVスポットがとっても気になっていた2004年公開の「あゝ!一軒家プロレス」。

人気プロレス団体“ZERO”の看板レスラー獅子王耕太(橋本真也)。
彼の愛妻、麻美(粟田麗)の夢である念願の一軒家がついに完成!
その白い豪邸で新築完成パーティが行なわれていた。
最上階の部屋では白いピアノを弾く麻美。広い家ではしゃぐ息子。
続々とやってくる客を接待しているのは、
マネージャーで麻美の妹の石塚那美(ソニン)。
そこへ、獅子王の成功に一役かっているテレビ局プロデューサー山路(佐野史郎)、
招かざる客、獅子王と因縁深いマーク・一条(ニコラス・ペタス)がやって来る。
この一条がふっかけ、若手レスラー達が喧嘩を始め、
とんでもない大乱闘に発展した上、爆弾まで仕掛けられ、
まだ莫大な金額のローンが残っているにも関わらず、
夢のマイホームが一瞬にして崩れ去ってしまった!
麻美の命は無事だったが大怪我で入院。
愛する妻の病気を治すため、またマイホームを再建するための資金を作るべく
無理なスケジュールでの興業を組むわ、レスラー達への給料もままならないわ、
興行主に払うお金も無くなるわ…レスラー達も逃げ出す始末。
そんな所へテレビ局プロデューサーの山路が“おいしい話?”を持ってきた。
今建築中の家をテレビ局が出資して完成させ、
その屋敷内で“殺人プロレス団体”と試合をし実況放送する。
“ZERO”が勝てばその家は獅子王のものにしてやるというのだ。
一度は断ったこの極悪なレスラー達との試合。
でも麻美の奇病は酷くなる一方…
ついに獅子王はこの“おいしい話”に乗る決意をする。
さぁ!どうなる?“ZERO”と獅子王一家!!!

* * * * * * * * * * * * * * * *

『もしも〜わたしが〜家をたてたなら〜♪』
そう、あのメロディーを白い家の白い部屋で白いピアノを弾く麻美さん(笑)。
清楚で美しい妻のために建てた豪華な白い一軒家。
これのために繰り広げられるとんでもない大珍事&大格闘!
レスラー達によってボロボロにされる部屋。
鳩時計に仕組まれた爆弾!
崩れ去る…ああ!マイ・ホーム!!

“ZERO”という団体名に、まずムフッ♪
「もっとちゃんとショーをやれ!」と怒る橋本にジ〜ン。
おちぶれてゆくプロレス団体の妙にリアルなエピソードあり、
トイレでの大格闘、遊廓まがいのタイコ橋や電気風呂、
シャンデリアのあるガラス張りルーム
“ZERO”のためにお手伝いする二人組の無茶なファイト…などなど
ありえない場所での小道具もり沢山のとんでもない格闘が満載♪
人を選びすぎるが、端切れのよい潔さがなかなか好感の持てる作品。
思った以上の出来で意外と凝ってると思ったら
制作費5億円って? 本当か??

獅子王演じる橋本の生真面目な演技、
金髪の人だの、プレデターだの、妙に演技の上手いニコラス・ペタスだの、
人魚病(そりゃなんじゃ?)の皮膚がメリメリッと剥がれるトコロ、
ソニンのムキムキの戦闘シーンとカプッと獅子王を噛むあたり、
が各種マニアにはたまらないかも。
義妹の義兄への道ならぬ密かな愛にもジ〜ンとくる。
とにかくソニンちゃんが健気で可愛いのなんの…。
怪し気な医者と現場監督役の浅草キッドのお二人、
こき使われるラーメンズの人、視聴率に情熱を注ぐP役の佐野史郎、
あのシチュエーションで妙に浮く感じ。
これがまた嘘っぽくてサラッと観ることが出来る。
セリフで「大ボス」って言えてしまうところがいいな。

ストーリーはベタな B級ながら、テンポの良さといい、
所々の気の利いた演出といい、格闘シーンといい、
あまりにも下らな〜いラストシーンといい、心地よくつっこめるので、
個人的には「いかレスラー」よりはこちらがツボ。
橋本さんのご冥福をお祈りしつつ、気持ち良く鑑賞完了♪
 
あゝ! 一軒家プロレス
ソニン 久保直樹 橋本真也
B00076RFT6

| | Comments (0)

November 29, 2004

「太陽を盗んだ男」

[DVD映画]★★★★★

沢田研二がマッド・サイエンティストな犯罪者を、
それを追う刑事を菅原文太が演じるサスペンス・アクション「太陽を盗んだ男」。
中学の物理教師がなんと、アパートの自室で「原爆」を製造・完成させ、
政府への脅迫がエスカレートしてゆくという衝撃的な物語。
脚本は「ザ・ヤクザ」のレナード・シュレーダーと
青春の殺人者」の長谷川和彦の共同執筆、
監督は長谷川和彦、助監督には相米慎二という、制作陣も豪華な1979年の作品。

中学の物理教師・城戸誠(沢田研二)は、原子爆弾を自分で作ろうとしていた。
原子力発電所からプルトニウムを強奪する下見のため
生徒たちと原発見学へ行くのだが、そこでバスジャックにあう。
負傷しながら生徒たちを助けて犯人を逮捕した山下満州男警部(菅原文太)と
城戸は事件解決の貢献者として表賞された。
ここから城戸の“夢?”と“執着”は現実となり加速し始める。

アパートの自室で原爆を製造を開始。
冷蔵庫で冷却、オーブンで過熱など、なんとも危険な作業を
自宅のキッチンで行っているのである。
ラジオのDJトークに鼻歌まじりで原爆製造、
野球観戦に熱中して薬剤の過熱のしすぎに気付かないなど、
観ているだけでドキドキする。
原爆製造作業で疲れたこの教師がうたた寝していても
誰も気付かないくらい存在は薄い。
ところが、さすがマッド・サイエンティスト。
見事、手作り原爆を完成させてしまった。

手始めに『野球中継を最後まで放映しろ』と政府を脅迫し、なんと成功。
次の要求は麻薬で入国許可の下りない
『ローリングストーンズ日本公演の開催』
要求はエスカレートし、更にサラ金から借りた金を返すため
『現金5億円の要求』へ…。
なんとも個人的なしょぼい要求が多いのであるが、
原爆を爆破されては困るので政府も無視は出来ない。
そしてこれらの連絡相手は…あの山下警部なのだ。

ラジオの人気DJに池上季実子、プロデューサーに風間杜夫、
交番の警官に水谷豊、サラ金の男はスリムだった西田敏行、小松方正…と、
カルトな内容の割に非常に豪華なキャスト、
ストーリーも運がいいんだか悪いんだか、2転3転ありで、
アクション満載の娯楽大作となっている。
沢田研二演じる城戸が魅力的な犯罪者なのでDJの姉さんもメロメロになるわ、
山下刑事ですらなかなか彼の本性に気付かない。
コスプレ………女装、変装がまた似合い過ぎなのだ。さすがジュリー。
放射能の副作用に悩みながらも、逆に怖いもん無しと突き進む城戸。
原爆抱えての山下警部とのカーチェイスや対決はかなりの迫力。

最後の最後までハラハラする見応え十分な作品だ。

太陽を盗んだ男
太陽を盗んだ男


太陽を盗んだ男
サントラ

| | Comments (4)

November 19, 2004

「シルミド」SILMIDO

[DVD映画]★★★★☆

チョ2曹が手から落とした飴の袋が印象的だった…。
本国韓国では1200万人が涙したという、
33年間封印されてきた韓国政府によるキム・イルソン〈金日成〉暗殺計画と、
それに関わる特殊工作部隊・684部隊の反乱事件を描いたサスペンス・アクション。
原作者ペク・ドンホ〈白 東虎〉が獄中にいた時に、
この684部隊の元訓練兵から聞いた話を小説に書き、
そしてそれをカン・ウソク〈康祐碩〉監督が映画化した。
2003年の作品「シルミド」

1968年1月。
全ては北朝鮮特殊部隊31人によるソウル大統領府襲撃事件から始まった。
それを率いた北朝鮮のキム・シンジョの判決までと、
シルミド〈実尾島〉に送られた死刑囚達の送られるまでのシーンがクロスする。
カン・インチャン(ソル・ギョング[後の684部隊第3組長]
ハン・サンピル(チョン・ジェヨン[後の684部隊第1班長]
クンジェ(カン・シニル)[後の684部隊第2班長]
ウォニ 684(イム・ウォニ)[後の部隊訓練兵]
チャンソク (カン・ソンジン[後の684部隊炊事兵]など、
いかにも人相の悪い、態度の悪い、若い囚人達31人は、
このソウル大統領府襲撃事件=1.21事件の報復のため孤島シルミドへ送られ、
『平壌へ行き金日成の首を取る』特殊工作員として過酷な訓練を受ける事になる。

1971年
あれから3年、何人かの仲間を失うほどの過酷な訓練を受け、
『任務を完遂すれば、英雄になれる』との言葉を信じ、
嵐の中いざ出陣したものの、突然中止の命令。
実は大統領が変わり南北情勢が緩和し、この作戦は中止となったのだ。
そして、684部隊はこの『金日成暗殺計画の精鋭部隊』ゆえ
彼等の存在事体が驚異の対象となった…。
そもそも彼等はならず者。死刑囚などで戸籍上は死んだ事になっている。
彼等がいなくなっても問題はないと、政府は684部隊の抹殺を命じた。

この3年間で芽生えた指導兵と訓練兵との絆は深くなっており、
しかし、軍人として上官である韓国空軍隊長チェ・ジェヒョン准尉(アン・ソンギ)は
大変厳しい決断を強いられた。彼等を殺さなければ自分達も死ぬ事になる。
若いパク2曹(イ・ジョンホン)は家族のためにと、この任務を遂行しようとする。
常に訓練兵に厳しかったチョ2曹(ホ・ジュノ)は、
大切に育てた訓練兵を手にかけることは出来ないと反発し、命令され本土出張へ。
自分達の運命に気付いた訓練兵が敵意をごまかすために彼に言った、
何気ない「甘いものでも欲しい」という言葉…。

そして、8月23日。いよいよシルミド事件勃発。
自国の同志で、なぜ殺しあわなければならないのか?
指導兵にも訓練兵にもあまりにも理不尽な命令ではないか。
当時はこのシルミド事件は
「北朝鮮のゲリラがソウル〈青瓦台〉突入を図った」と発表された。
『共産党ゲリラとして死ぬなんて!』と大統領府への進入を試みた訓練兵達。
激しい銃撃戦。しかし、それもわずか8時間程で終結。
そして、この事件の真相は…
33年もの間、実にほんの数年前まで封印されていたのだ。

上層部ではない、現場での軍人とその部下達の
極限下での葛藤と苦悩と憤り…そして、悲しい決断がドラマティックに描かれていた。
本当の真実は当事者しか解らない。しかし、このような事件があったのは確かだ。
もし、政府に『国のために敵国の犯罪者としてすて駒に』されたら?
戸籍も消された身元も確かでないとしたら?自分の存在意義は??
血で自分の名前を記す彼等、存在を知らしめるために大統領府への進入…。
今の日本では少し遠い世界の事のように思えるが、
兵役のある韓国ではもっと現実的であろう。

訓練兵のために『甘いもの』を用意していたチョ2曹。
人間らしさとはこういう事だと思った。

[特典映像]
 各種予告編・シルミド年表・武器解説・スタッフ・キャストのプロフィールなど有。
 シルミド年表を見て唸る。
 ええ…!!!

DVD
シルミド / SILMIDO
シルミド / SILMIDO


原作本

シルミド SILMIDO
白 東虎 鄭 銀淑

ノベライズ

シルミド
キム ヒジェ 伊藤 正治

| | Comments (5)

October 09, 2004

「修羅雪姫 怨み恋歌」

[DVD映画]★★★★☆

昨日の小池一雄、上村一夫原作の劇画「修羅雪姫」の映画化作品、
「修羅雪姫」の続編となる作品。
監督は同じく藤田敏八、制作年は1974年。
原田芳雄、吉行和子、南原宏治、岸田森、伊丹十三などの、
これまた濃ゆい個性派俳優陣に負けない、梶芽衣子の存在感!!!

日露戦争後の日本。
無実の罪で殺された両親の仇をうった鹿島 雪(梶芽衣子)は
死刑を待つ身で獄中にいた。
ところが絞首刑執行の日、とある人物によって助けられ、
それとひきかえに、秘密文書とその持ち主の命を狙う刺客となることに…。
そして政治的動乱にどんどん巻き込まれてゆく雪の先には、
またもや鮮血の花が咲くのである…。

この「修羅雪姫 怨み恋歌」は前作の“劇画の映画化”とは違い、
独立した物語となっている。
『怨み恋歌』というタイトルにもあるように、
修羅の子雪がなんと助けられた街医者(原田芳雄)に恋をする。
この『怨み恋歌』では雪の人間的な一面、
正義感による依頼者への裏切りや愛する男への愛などが描かれている。
もう彼女は親の仇に生きる修羅の子からは解放されたのだ。
とはいえ、凄腕の刺客である雪が放っておかれるはずは無い。
やはり親ではないが、依頼者の怨みを晴らさねばならないのだ…。

貧民窟の街医者(原田芳雄)と徳永乱水(伊丹十三)はもちろん。
特高警察長官菊井(岸田森)、蜍(南原宏治)この二人の怪演がものすごい…。
ひたすら痛い目にあう丸山警部(山本麟一)、
初々しく美しい吉行和子の大胆な格闘シーンも含め、
とにかく登場人物が皆怪しく光るの作品なのだ。
そして、雪…梶芽衣子さん!

前作よりもたちまわりも上達し、
ちょっとけだるいかんじの梶芽衣子さんが粋。
特典のインタビューで『最も忙しく、とにかく疲れていた時期』と語っておられた。
その力の抜けた感じがまたソソるわけであった…。
ちなみにこのインダビューは、女優へのきっかけなど
貴重なエピソードが満載。
インタビューが終わって、一瞬『素』に戻る顔にドキッ。
そういえば先日始まった「大奥」にも梶さん出演されていますね。
日本髪と着物。やっぱり現在もお似合い…。

この他DVD特典にはもちろん原作者の小池さんのインタビュー、
上村さんの原作画集、及び内封に上村さんの原画ポストカードなども有り。
満足の逸品!!

修羅雪姫 怨み恋歌
修羅雪姫 怨み恋歌
 
上村一夫の作品
■ 上村一夫の作品紹介1はこちら
■ 上村一夫の作品紹介2はこちら

| | Comments (2)

October 07, 2004

「修羅雪姫」

[DVD映画]★★★★☆

小池一雄、上村一夫原作の同名劇画「修羅雪姫」の映画化。
怨念を背負って生まれた娘、お雪が仇を討つまでを描いた娯楽アクション。
監督は藤田敏八、制作年は1973年。梶芽衣子さん、さそりで大活躍の頃の作品。
タランティーノ監督がこれをベースに「キル・ビル」を作った事は、
あまりにも有名な「修羅雪姫」

明治初年、とある村で悪辣な方法で金儲けを企てる一味に夫と子供を殺され、
自分は二日二晩犯された小夜は、
獄中で生まれてきた子・雪にその怨念を託して死ぬ。
その赤ん坊、雪は『修羅の子』として厳しく育てられ、母小夜の代わりに生き、
紺の蛇の目傘に仕込んだ白刃で復讐を果たしていくのだ…。

原作に極力忠実に描こうとしたからか、若干説明的。
(仇のひとり“おこの”が劇画と似ていてちょっと笑える。)
とはいえ、あの劇画の世界をよくここまで表現出来たと思う。
雪の子供の頃の修行のシーンなど、まさかこのシーンがあるとは…といったほど。
そして、何より梶さんの初々しい殺陣の立ちまわり、和服の着こなしも見ドコロ。
黒沢年男、大門正明、西村晃、岡田英次、赤座美代子といった俳優さんも、
若い若い…!!!

DVDになって特典がまた嬉しい。
最近の梶さんのロングなインタビュー!!と小池監督のインタビュー。
そして、上村一夫のイラストも入ってます。
見応えありでした。
梶さん…歳を重ねても美しくかっこよい…。
あのように歳をとりたいものです…!!!

修羅雪姫
修羅雪姫

ちなみに、彼女の主演の作品はほとんど主題歌を歌っているそう。
『修羅の花』
は「キル・ビル」にも使われていましたね。
カップリングは『怨み節』

修羅の花
修羅の花

原作本がダウンロードで読めます♪

修羅雪姫 (1) 修羅雪姫 (2) 修羅雪姫 (3) 修羅雪姫 (4) 修羅雪姫 (5)

上村一夫の作品
■ 上村一夫の作品紹介1はこちら
■ 上村一夫の作品紹介2はこちら

 

| | Comments (4)

October 06, 2004

「女囚さそり 701号怨み節」

[DVD映画]★★★☆☆

もはや、笑えるので意外と好きなこの作品「女囚さそり 701号怨み節」
篠原とおるの人気漫画を梶芽衣子主演で映画化した
「女囚さそり」シリーズの第4作目。
前、3作とは全く別の作品と思おう。制作年は1973年。
監督が伊藤俊也から長谷部安春に代わりドロドロした人情感が希薄となった。
ゆえか、梶芽衣子主演の『さそり』も、これが最後。
超豪華な俳優陣、モダンな構図・衣裳・演出が印象的。

刑務所を脱走し結婚式場に潜伏しているさそりこと松島ナミ(梶芽衣子)。
今度は児玉刑事(細川俊之)刑事に追われる事になる。

ストリップ劇場のトイレに傷付き倒れ込むナミ。
それを見つけたのがここで照明係をしていた工藤(田村正和)。
どうやら彼も児玉刑事に恨みを持つ元学生運動家で
それを思い出してか、ナミを助ける。
ナミと工藤は児玉宅を襲撃するが、誤って児玉の妻を死なせてしまうのだ。
久々にこの『男』工藤を信頼し、愛してしまったナミ。
もちろん、このままハッピーエンドになるわけがなく、
怒り狂った児玉は工藤をリンチにかけてナミの居場所を聞き出して
またもや『男』の裏切り?によって監獄へ、
そして、遂にナミは死刑囚独居房に送り込まれ、
執拗なまでに児玉刑事にいじめられまくるのである。
安らかに死刑の執行日を迎えるために指導する、
妙に悟りをひらいた看守長が妙にインパクト有。
この、看守達の衣裳もベレ−帽被って妙にモダンな感じ。

最初から最後まで『そりゃないだろと』、突っ込み所満載のB級娯楽映画。

何が笑えるかというと、俳優さん達のメイクの濃さ。
細川俊之と田村正和のアイシャドウには、ニヤリ。
梶さんは相変わらず美しい…。
気のせいかいつにも増して表情が堅い気も。

女囚さそり 701号怨み節
女囚さそり 701号怨み節
 

| | Comments (0)

October 05, 2004

「女囚さそり けもの部屋」

[DVD映画]★★★★☆

さすがにコワイ。復讐鬼さそり、そこまでヤリますか…。

梶芽衣子主演の女囚バイオレンス第3弾。シリーズ3作目。
原作:篠原とおるの人気劇画の映画化。
監督はこれも伊藤俊也で彼の『さそり』はこれが最後。
昭和48年7月公開の作品「女囚さそり けもの部屋」

またもや脱獄し、指名手配中のさそりこと松島ナミ(梶芽衣子)。
地下鉄車内で二人の刑事に追われて、ついに手錠をかけられてしまったトコロを、
つながれていた権藤刑事(成田三樹夫)の右腕を出刃包丁で切り落としてまた逃亡!!
地下鉄の構内から昼間の都会へ、
切れた刑事の右腕をぶらさげながら走って逃げるナミ…。
この衝撃的なシーンがオープニングなのだ。

墓場でその右腕を食いちぎろうとするナミ。
まるで、人喰い鬼のような形相のナミを見つける娼婦のユキ(渡辺やよい)。
彼女は精神障害の兄と『暮らす』ために体を売って生活をしているのだ。
ユキの紹介でお針子として生活を始めたナミだったが、
そこでも土地を仕切る鮫島興業に正体を知られ、ヤクザの子分や
鮫島興業のボスのケバ〜イ化粧の情婦(李礼仙)…ナミと同じ元女囚に、
ムショ内での事を復讐すべく虐められる。
ヤツらの『女』達への汚いやり方にも怒りを覚え、
ナミは彼等に復讐する決意を固めた。
そして、一人、一人と消して行く。鮫島興業のボスさえも…。

警察に追われるナミは下水道に潜伏。
「さそり〜、さそり〜」
と声をかけ、下水道にマッチとパンをを投げ入れ励ますユキ。
そこへ右腕を切り落とされた執念深い権藤刑事はガソリンを流しこみ火を放つ。
マンホールからも吹きあがる炎…さすがのさそりも死んだだろうと権藤刑事は笑う。

しかし、不死身のナミは生きていた!
今度は自ら鮫島の情婦を消すべく再び刑務所へ…。
ナミの怨念は、それを果たすまで続くのだ。

じわじわナミに追い詰められて、
「さそりに殺される〜、さそりに殺される〜」
と鮫島の情婦がさそりの妄想におびえ壊れてゆく様は見事。
殺されるより、つらいであろう復讐。

冒頭のシーンや近親相姦など、ちょいとショッキングな『けもの部屋』。
今度のさそりは酷い目に合う女にはめっきり弱い。
初めて見せるナミの涙…。
今回は都会の陰に生きる、彼女らのために復讐をしたのだ。

心にしみる『怨み節』…♪

お兄さん達!お姉ちゃんに酷い事したら、さそりに殺されますぞ〜

女囚さそり けもの部屋
女囚さそり けもの部屋
 

| | Comments (0)

October 04, 2004

「女囚さそり 第41雑居房」

[DVD映画]★★★★☆

白石加代子の怪演が光る!今度は脱走劇だ!!

梶芽衣子主演の女囚バイオレンス第2弾。シリーズ2作目。
原作:篠原とおるの人気劇画の映画化。
監督はこれも伊藤俊也。
1972年(昭和47年)12月公開の作品「女囚さそり 第41雑居房」

冒頭で、シャッ、シャッと刃物を研ぐ音が…
今度のさそりは独房から始まる。
松島ナミ(梶芽衣子)に法務省の巡察官の目の前で片目をナイフでえぐられた
刑務所長・郷田は、日々ナミに壮絶なリンチを加えていた。
だがナミは諦めず怨念をつのらせつつ耐える。常に、脱獄のチャンスを狙って…。

そして、移送の時に護送車から、5人の女囚たちと一緒に脱獄を果たしたナミたちは
ゴーストタウンの炭坑街へ逃げ込み、女囚たちは個々の『過去』を語り出す。
『連れ子いびりの再婚相手を絞め殺した女』『不倫相手の妻を毒殺した色情狂』
『てて親殺し』『レズビアンの放火魔』『売春婦』
彼女達にも深い事情がそれぞれあって、それぞれの思いを遂げる運命にある。
バスジャックなどを重ねながら警察の手を逃れるのだが、次々と仲間の彼女達が…。
ナミは警視庁の捜査官や自分を苦しめた看守、刑務所長たちへ
1人1人と復讐を果たしていく…。

女囚のボス、大場(白石加代子)がとにかく強烈!!
モーレツな『怨み』『妬み』『狂気』を幻想的な手法を使って表現。
仲間ながら、ナミと対立するのだ…
いつも無口で冷静で美しく、『敵』をその大きな黒い瞳で見据え、時に牙をむくナミ。
何事にも屈しない。
女の強さ、弱さ、美しさ、醜さ、汚さが満載で、アングラ色も強い作品。
毎年夏の公演『百物語』の怪談でも有名な女優
白石加代子の怒りに狂った顔が本当にコワイ…。

そして『怨み節』…♪

最近カラオケで歌っても認知度アップ!
「キル・ビル」人気も捨てたもんぢゃない!!!
タランティーノ監督、サンキュ!!

女囚さそり 第41雑居房【DSTD-2152】 =>20%OFF!《発売日:03/02/21》
女囚さそり 第41雑居房
 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明