9 posts categorized "●コメディー系"

August 21, 2008

「デトロイト・ロック・シティ」

[TV映画]★★★★☆

KISSのデトロイト公演を観たい!!!
その為に奔走する高校生4人組の
極めてシンプルなB級青春ロックお馬鹿映画♪

____________________

「デトロイト・ロック・シティ」
DETROIT ROCK CITY

製作国:アメリカ(1999)
監督:アダム・リフキン
製作:キャスリーン・ハース/バリー・レヴィン /ジーン・シモンズ
製作総指揮:マイケル・デ・ルカ/ブライアン・ウィッテン
脚本:カール・V・デュプレ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
編集:マーク・ゴールドブラット/ピーター・シンク
音楽:J・ピーター・ロビンソン

出演:
エドワード・ファーロング
ナターシャ・リオン
ジュゼッペ・アンドリュース
ジェームズ・デベロ
サム・ハンティントン
リン・シェイ
メラニー・リンスキー
マイルス・ドゥガル
ニック・スコッティ
シャノン・トゥイード
パメラ・ボウエン
ジーン・シモンズ
ポール・スタンレー
エース・フレーリー
ピーター・クリス
KISS
ジョー・フラハティ
____________________

少し前にテレビで放映されていたものを観ておりました。
この青春ロックバカ映画大好きです!
KISSの公演を見るために
ホーク、レックス、ジャム、トリップの高校生4人組が
ライブに辿り着くまで旅を続け
あの手この手で頑張る4人を思わず応援♪
KISSの面々ももちろんご出演〜!!!

よくある青春おバカ映画ですが
彼らの気持ちも良くわかるんですよね〜(笑)
だからといって、あんな事やこんな事せんと
まっとうにうまくやれば良いのに〜と思いつつ
わざわざ間抜けな方向へ進む彼らが好き♪

“悪魔の音楽”的にロックを毛嫌いする強烈な親や先生達
いかがわしい奴らのいちゃもんetc…
もともとマヌケな自分達のせいなんだけど
切り抜けるその手段がこれまたおバカで愛おしい〜
もちろん青春ですから“お約束”もばっちり。

KISSの面々のライブも拝めるので
最後まで観ましょう〜♪

デトロイト・ロック・シティデトロイト・ロック・シティ
カール・V・デュプレ

Detroit Rock City: Music From The Motion Picture 地獄の狂宴~ROCK THE NATION LIVE! トンネル ジャッカス2.5 封・印・解・禁 スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

by G-Tools


楽天レンタルで「デトロイト・ロック・シティ」を借りよう

| | Comments (1)

August 05, 2008

「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」

[劇場映画]★★★★☆

予告編のネタバレが残念ながらも
期待以上のゆるさとおバカさにニヤリ♪
隠れメタルファン親父など一部マニアにおすすめするC級作品♪♪♪

____________________

「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」

製作国:アメリカ(2006)
製作:ジャック・ブラック/カイル・ガス/スチュアート・コーンフェルド
製作総指揮:ベン・スティラー/ジョージア・カカンデス
      トビー・エメリッヒ/リチャード・ブレナー
      ケイル・ボイター
脚本:ジャック・ブラック/カイル・ガス/リアム・リンチ
撮影:ロバート・ブリンクマン
プロダクションデザイン: マーティン・ホイスト
衣装デザイン: デイナ・ピンク
編集:デヴィッド・レニー
音楽:アンドリュー・グロス/ジョン・キング/テネイシャスD
字幕監修:伊藤政則

出演:ジャック・ブラック(JB)
カイル・ガス(KG)
JR・リード(リー)
ロニー・ジェイムス・ディオ(ディオ)
ポール・F・トンプキンス(オープン・マイクのホスト)
トロイ・ジェンティル(JB:少年時代)
ネッド・ベラミー(警備員)
フレッド・アーミセン(警備員)
エイミー・ポーラー(トラック・ストップのウェイトレス)
ティム・ロビンス(謎の男)
デイヴ・グロール(サタン)
ベン・スティラー(ギターショップ店員)
ミート・ローフ(バド・ブラック)
コリン・ハンクス
エイミー・アダムス
ジョン・C・ライリー
____________________

もうJB&KGのロック馬鹿のデブオヤジ達最高♪

「TOMMY」ばりのロックオペラ風おバカ映画だが、
何が凄いって彼らの演奏。JBのボーカル上手すぎ〜!
そして二人の少年時代の子役が似すぎ(爆)

ロックスターを夢見るこ汚ない中年のデブ二人
JB(ジャック・ブラック)&KG(カイル・ガス)が、
コンテストで優勝し、スターになって家賃を払うために(笑)
ヒット曲作成に四苦八苦。
そんな時、成功したロックスターの
あんな人やこんな人の共通点に気づき、
運命のピックPODを求める珍道中が始まる〜!!!

ロックだ何だと言う割には
文無しの彼らはナゼかアコギ(笑)
派手に色々やらかす割には目的は家賃支払だし(笑)
子供みたいに瞳をキラキラさせて、
超お下品な歌詞の悪魔のメタルサウンドを奏でる姿は見もの。
奥ゆかしいファンのピザ屋の兄ちゃんもいいね。

隅々までコネタ満載
AC/DCやらDIOやらヴァン・ヘイレンetc...
特に何故かThe Whoへのオマージュも満点ですな。
B級以下のダメ映画好きかつ
全国の旧メタル少年=現メタル中年にはぐっとくるはず〜

監督はリアム・リンチですがJB&KG企画です。
音楽もほとんどテネイシャスDだし♪
かのミート・ローフ先生も父親役で
ロニー・ジェイムス・ディオ先生たるやご本人役で登場!
あ、製作のベン・スティラーちゃんも怪しい店員でご出演♪

とにかく派手に下品でくだらないんだけど、
何だかパワーを貰える映画でした。
あぁ〜あんな「ロックンロール歴史博物館」に行きてぇ〜
JB最高〜!

→「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!オフィシャルサイト」
かなり充実しているサイトなのでゼヒどうぞ!
只今ビンボーさん支援キャンペーン?
家賃1ケ月分プレゼントもあります〜!!!

B001ISBKJSテネイシャスD 運命のピックをさがせ!プレミアム・エディション
ジャック・ブラック, カイル・ガス, J・R・リード, ベン・スティラー, リアム・リンチ
ジェネオン エンタテインメント 2008-12-19

by G-Tools
B001ISBKK2テネイシャスD 運命のピックをさがせ!コレクターズBOX (初回限定生産)
ジャック・ブラック, カイル・ガス, J・R・リード, ベン・スティラー, リアム・リンチ
ジェネオン エンタテインメント 2008-12-19

by G-Tools

テネイシャスD-運命のピックをさがせ!-
テネイシャス D
B0018Q7HQK

| | Comments (0)

August 03, 2008

「HOT FUZZ ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-」

[劇場映画]★★★★★

HOT FUZZ=熱心な警官…
しょっぱなから小ネタが満載!
これでもかとばかりにたたみかけてくるラストへ向けて
ゆる〜いながらもテンポ良〜く加速する!!
下らなくエグイんだけどどこか優しい描き方で憎めない!!!

____________________

「HOT FUZZ ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-」
製作国:イギリス/フランス(2007)

監督:エドガー・ライト
製作:ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/ニラ・パーク
製作総指揮:ナターシャ・ワートン
脚本:エドガー・ライト/サイモン・ペッグ
撮影:ジェス・ホール
プロダクションデザイン: マーカス・ローランド
衣装デザイン: アニー・ハーディング
編集:クリス・ディケンズ
音楽:デヴィッド・アーノルド

出演:
サイモン・ペッグ(ニコラス・エンジェル)
ニック・フロスト(ダニー・バターマン)
ジム・ブロードベント(フランク・バターマン)
パディ・コンシダイン(アンディ・ウェインライト)
ティモシー・ダルトン(サイモン・スキナー)
ビル・ナイ
ビリー・ホワイトロー
エドワード・ウッドワード
ビル・ベイリー
デヴィッド・ブラッドリー
ケヴィン・エルドン
レイフ・スポール
カール・ジョンソン
オリヴィア・コールマン
ケン・クラナム
ピーター・ワイト
アン・リード
ジュリア・ディーキン
パトリシア・フランクリン
ポール・フリーマン
スチュアート・ウィルソン
アダム・バクストン
ロン・クック
マーティン・フリーマン
ルーシー・パンチ
デヴィッド・スレルフォール
ケイト・ブランシェット
ピーター・ジャクソン
____________________

優秀なのに上司や同僚に妬まれ地方左遷決定
恋人にもフラれて、失意のもとイギリスの田舎町
サンドフォードへやってきた。
この村はヴィレッジ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる程の
平和な村らしいのだが…何か妙?
警察署長のダメ息子ダニーと組まされ
逃げた白鳥の追跡など、のほほんとした任務の日々…
しかし、ある日起きた事故。どうも犯罪のニオイがする…
熱血警官ニコラスの食指が動いてしまった!


いやぁ、最初から最後まで、
下らなさ満点、オマージュ満点で面白かった〜!!!
「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライト監督
この監督やっぱり好きですよ♪
そういえば「グラインドハウス」のフェイク予告
「Don't」もイカしてましたし。
今作は「Don't」的なテンポの良さや
ポリス・アクションもののスピード感もあり
更に鑑賞しやすかったかも。
イギリス人監督らしいネタや音楽のチョイスも好きですね。

何がおかしいって…
熱血警官ニコラス・エンジェル役のサイモン・ペッグの表情!
ターミネーター的な表情と特に走る時の姿に注目♪
相方ダニー・バターマン警部補役のニック・フロストとの
コント的な会話はお見事!!
この凸凹コンビは健在ですな。
あと、怪しすぎるにこやかな笑顔の村人達も役者揃い。
ティモシー・ダルトン…怪し過ぎます…

ストーリー展開的に特に目新しいものがある作品では無いけれど
とにかくスピード感とゆるゆる感
凄まじい事件と平和ボケしたまったり感
都会で百戦錬磨の業績をあげた生真面目熱血優秀警官
なりゆきで警官をしているポリス映画マニアの無能な田舎警官
細部にわたる緊張と緩和、凸凹感がイイですね。
ラストまで一気にどんどん加速する悲惨な事態たるや!
でも観終わった後味は悪くないオチも好き。

誰にでもおすすめは出来ませんが
B級アングラ感あふれるおバカ映画好きな方はゼヒどうぞ♪

B001H7Q2VQホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~
サイモン・ペッグ, ニック・フロスト, ジム・ブロードベント, ティモシー・ダルトン, エドガー・ライト
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2008-12-04

by G-Tools

Hot Fuzz
Original Soundtrack
B000N3SP9C

「HOT FUZZ ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-」オフィシャルサイト

■映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」
■映画「グラインドハウス U.S.A.バージョン」

| | Comments (0)

July 27, 2007

「デート・ウィズ・ドリュー」

[DVD映画]★★★★☆

リスクを恐れていては夢は叶わない。
それを十二分に教えてくれる
期待以上に楽しめる元気トライ系ドキュメント。

____________

「デート・ウィズ・ドリュー」

製作国:アメリカ(2004)
監督:ブライアン・ハーズリンガー/ジョン・ガン/ブレット・ウィン
製作:ケリー・デヴィッド
   ジョン・ガン/ブライアン・ハーズリンガー/ブレット・ウィン
製作総指揮:クラーク・ピーターソン/アンドリュー・ライマー
編集:ブライアン・ハーズリンガー/ジョン・ガン/ブレット・ウィン
音楽:スティーヴン・M・スターン/スチュアート・ハート
出演:ブライアン・ハーズリンガー
   ドリュー・バリモア
   エリック・ロバーツ
   コリー・フェルドマン
   ケリー・デヴィッド
   ジョン・オーガスト
   ビル・デリア

「デート・ウィズ・ドリュー」オフィシャル・サイト(日本語)
「デート・ウィズ・ドリュー」オフィシャル・サイト (英語)

____________

ハリウッドに一応住んでいたりする
映画監督を目指しながらも職無しビンボーな27歳のブライアンは
クイズ番組で$1,100当たったので
(何と答えがドリュー・バリモア)
それをきっかけに6歳の時「E.T.」を観てファンになった
“ドリュー・バリモアとのデートを30日間で実現する!!!”
…というドキュメンタリーを撮る事を決意!!!
友人のジョンとブレッドと共に
ビデオカメラを入手するところから撮影開始した♪

クレジットを見ればおわかりのとおりの
ブライアン&ジョン&ブレット達の手作りムービー♪
とにかく彼とその仲間が明るいのなんの。
預金残高ゼロ、しかも無職、彼女も現在無し、
容姿は極めて普通、毛深くちょっと小太り…と
失うものは何もないブライアンは
親、友人、知人、知人のまた知人…を巻き込んで
異常なまでのプラス指向でグイグイ突き進む。

しかしながら、さすがのハリウッドといえど
ケリーさんの手腕ではじめは外堀ぜめで楽勝かと思いきや
最後のツメの部分で意外と手強く難行…
結局『チャーリーズエンジェル フルスロットル』の
プレミアム試写会に潜入する事となる…
さて、ブライアンは無事ドリューとアポイントが取れるのか???


ストーカーに間違われないよう(笑)気を配り
自分磨きやリサーチ、デートの予行練習etc…
七転び八起き的にたくましいブライアンとその仲間達を
思わず応援しちゃいます。
懐かしい子役も登場したり、結構いいトコロまで行くんだけど
あと一歩が…難しい。
でも諦めないでギリギリまでやった事が、功を奏したのでしょうね。

ネットの戦略は最初にやれよ…と思わずツッコんだけど
苦しまぎれにやってみたまさか占いが当たるとは!!!
ファンクラブに入ってて良かったねぇ…ブライアン君。
何よりドリュー最高!!!可愛い!!!さすがプロデューサー♪
最初から最後までハイテンションで盛り上がるブライアンと
力になってくれる彼らには心洗われました。

とにかくやってみなきゃ。
努力しないで諦めたらそこで終了だもの。
リスク無しで何かを得ようなんて虫が良すぎます。
こうしたい、と思うだけでも、
思わないより、夢や希望にほんの少しでも近くなるはず!
行動すればさらに近づき叶う確率も間違いなくアップするはず!!
バカバカしいながらも、それを教えてくれる良作!!!

B000PJZYUMデート・ウィズ・ドリュー
ブライアン・ハーズリンガー ドリュー・バリモア エリック・ロバーツ
アミューズソフトエンタテインメント 2007-06-22

by G-Tools

| | Comments (0)

July 07, 2007

「彼女を信じないでください」

[DVD映画]★★★☆☆

良いと思ってついた嘘が一人歩きしはじめ
どんどんどんどんドツボにハマってゆく
そんな彼女が可愛くて♪
そして田舎の家族パワー…恐るべし…!!!

___________________

「彼女を信じないでください」

製作国:韓国(2004)
監督:ペ・ヒョンジュン
脚本:チェ・ヒデ/パク・ヨンソン
音楽:チョ・ヨンウク

出演:
チェ・ヒチョル(カン・ドンウォン)
チュ・ヨンジュ(キム・ハヌル)
ヒチョルのお父さん(ソン・ジェホ)
ヒチョルのおばあちゃん(キム・ジヨン)
ヒチョルの妹(イ・ヨンウン)
ヒチョルの恋人(ナム・サンミ)

「彼女を信じないでください」オフィシャルサイト

___________________

元詐欺師で仮釈放の身の女、ヨンジュと
姉の結婚式に向かうために
たまたま電車に乗り合わせて
プロポーズに行く途中に指輪を無くした
田舎の薬剤師の青年ヒチョルの
ドタバタ人情ラブコメディ。

かなりベタでコミカルながら
思ったよりも爽やかで
さらっと観れる良い話であった。
百戦錬磨の詐欺師のはずの
ヨンジュのついた嘘が周囲の人に勝手に解釈されて
どんどんこじれてゆく所が面白い。
嘘をつく時の彼女の顔が可愛くて魅了的だ。

詐欺は高度に頭を使うゲームだと言い切る。
さすがに嘘のプロ。
人の心を自在にあやつり同情をかう手腕は天下一品。
家族も息子より彼女を信じてしまうのだが
それはそもそも彼女の心の中に(姉に対してもそうなのだが)
人に対する優しさや愛情、そして正義感があるからだ。

田舎のおせっかいながらも人や自然に優しく生きる人々に触れ
どんどん彼女の優しさが、溢れ出てくる。
もしかするとヨンジュの初めての恋???
吉本新喜劇ばりのベタさだが
何だか気持ちのよいラストシーンもグッド♪

B000BD3DT6彼女を信じないでください (通常版)
キム・ハヌル ペ・ヒョンジュン カン・ドンウォン
ハピネット・ピクチャーズ 2005-12-23

by G-Tools

彼女を信じないでください
サントラ デラ・リーズ キム・ハヌル
B0009EOZX0

| | Comments (0)

September 22, 2006

「バス男」

[DVD映画]★★★☆☆

超脱力系のスローでゆる〜いB級青春学園コメディ♪
邦題は内容と関係なく、あやかりもの…。
予想以上にゆるゆる度満点!!
これはアイダホの変人ティーンエイジャー、
ナポレオン・ダイナマイトくんの清く正しい青春ストーリー!!!
ヌボ〜ッと無言で突っ立っている彼の姿は
一度見たら忘れられない!!!

アチラのオタクという事で「電車男」にあやかったネーミング。
一応冒頭にバスが出てくるけれど
それ以外ストーリーには全く関係ない。
まぁ、原題「NAPOLEON DYNAMITE」のままじゃ、
ここまで観てもらえなかったかもなので、
バス男というのは大成功だろう。

ちなみに本国でも制作費役400万円の超インディーズ作品なのに、
この超ゆるゆるの脱力系学園コメディ、
なんと全米で40億円以上を稼ぐ大ヒットとなったそう。
しかもMTVムービーアワードで作品賞を受賞(笑)。
監督はジャレッド・ヘス
2004年制作のアメリカ映画で、もちろん日本未公開♪

* * * * * * * * * * * * * * * *

しょっぱのタイトルバックが凝ってて可愛くていい!
これに期待してしまったのが間違いだった(笑)
映画全体のムードはダサイ人物を描いているのに
なぜかお洒落でいい感じなのがウケたのかな。

口のしまりの悪い、カーリーヘアがチャームポイント?の
主人公ナポレオン・ダイナマイト(ジョン・ヘダー)は、
見た目も悪ければおつむも悪いので、軽く毎日イジメられる日々…
そんなある日メキシコから転校生がやってきて、
ナポレオンの周囲に変化がはじまった???

ちなみにダイナマイト家は変人ぞろい。
おばあちゃん(サンディ・マーティン)は男と遊びに行って帰れなくなるし、
フラッとやってきた元スポーツマンの過去の栄光?にすがる
うさんくさ〜い親戚のリコおじさん(ジョン・グリース)は
夢がタイムマシンに乗る事で、お金を溜めて通販で(爆)買おうとしている。
それで、妙なセールスを始めた…。
兄のキップ(アーロン・ルーエル)はヒッキーでパソオタク。
一日中パソコンにへばりついている彼は、最近チャットにはまっていて
そこで出会ったソウルメイトの彼女とデートするのが夢だったが
ある日、そのド派手でファンキーな彼女が遠方からやってきた…
しかもキップにベタ惚れラブラブ…キップ…なんだかかっこいいぞ???

ナポレオンのクラスメイトも濃いキャラクターぞろい。
写真が上手なレックス(ディードリック・ベーダー)ちゃんがミソ!
ブスキャラなんだけど、い〜味出してる!
お色気満点のコスプレ写真ならぬ、ブロマイド写真撮るのが得意。
メキシコ人の転入生、いつもクール…というか無愛想な
ヒゲのペドロくん(ディードリック・ベーダー)がこれまた最高。
ケーキ作りが得意で、秘かな野望も持っていたりする♪

無表情で、無言シーンの多いゆる〜い会話が延々続く…。

このままのんびりテンポでどこまでゆくのかハラハラしたが、
そこは甘酸っぱい青春学園コメディ。
ナポレオンの努力の結果、学校の選挙戦でちょっとした感動もあったり、
なんだか初々しい恋心が芽生えたりで、
最後にゆるやか〜に盛り上がり、
みんなそれぞれ現実を夢に一歩近づけるという
なかなかこれがいい話なんです!

彼らの強い所は、ダメな自分を知っていながらも、
めちゃめちゃプライドが高いので、秘かに努力しているところ。
見え見えの嘘並べていても、なんだか微笑ましく許てしまう。

かなり人を選ぶけど、下らないスローテンポが許せる、
ゆるゆる映画のお好きな方にはゼヒおすすめしたい!!!
これでもか…これでもか…と肩の位置が下がってしまう事うけあい。
このトロいスピードにイラっときたら2倍速で観でもOK。
字幕も問題無く読めて、大丈夫なくらい動きも会話も無くスロー(笑)。

ちなみにエンドロール後に、
結構長いオチがあるので、最後まで見るべし!
輪をかけてマヌケなエンディングですが…

[特典]
この長編の元となるモノクロ短編が監督と主演のコメンタリー付で楽しめる!
ほとんど文化祭の8ミリ映画レベルなのだが、
映画とロケ地が同じで、驚く程同じアングルのシーンなんかもあって、
微妙に完成度が高かったりしてびっくり。
友人ペドロは二人のキャラクターを合わせて一人にした…
というエピソードもなかなか面白い。

B000H1QS8Aバス男
ジェルッシャ・ヘス ジャレッド・ヘス ジョン・ヘダー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-08-18
¥895
by G-Tools

Mighty Fine Napoleon Dynamite TEEマイティーファイン ナポレオン・ダイナマイト TシャツColor... ナポレオン・ダイナマイトマクファーレン アクション・フィギュアNAPOLEON in prom suit ナポレオン・ダイナマイトマクファーレン アクション・フィギュアNAPOLEON Tetcherball Champ ナポレオン・ダイナマイトマクファーレン アクション・フィギュアNAPOLEON in Vote for Pedro... ナポレオン・ダイナマイトマクファーレン アクション・フィギュアKIP ナポレオン・ダイナマイトマクファーレン アクション・フィギュアPEDRO
■Tシャツ・フィギュアなどナポレオン・ダイナマイト関連商品


まぁ観ない…という方はこちらで雰囲気味わってみて下さい。
「バス男」オフィシャル・サイト(英語)

| | Comments (0)

May 28, 2005

「コーヒー&シガレッツ」

[劇場映画]★★★★★

やっと観れた&お久しぶりっ!
ジム・ジャームッシュ監督が1986年から撮り始めたモノクロの短編作品、
コーヒー&シガレッツが18年後にやっと1本の映画として完成!!

そもそもはテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のために撮った
「コーヒー&シガレッツ〈『変な出会い』〉」。
これが、数々の映画祭でも上映される事となり、この長編への構想が出来たそう。
「コーヒー&シガレッツ2:メンフィス編〈『双子』〉」(1989)
「コーヒー&シガレッツ3:カリフォルニアのどこかで」(1992)
この2本も映画祭での評価を受け、
そのあと1993年に2本、とんで2003年に6本と
長い年月をかけて綴られた11編97分からなるオムニバス作品。
これだけ並ぶと圧巻だ!!

たしか最初の3作はジムのパートナーであるサラ・ドライバー
豚が飛ぶとき」の公開時に同時上映されていたと思う。
俳優はジム・ジャームッシュ御用達のロベルト・ベニーニスティーブ・ブシェミ
トム・ウェイツホワイト・ストライプスイギー・ポップ
GZARZAなどのミュージシャン、
ケイト・ブランシェットビル・マーレイらの大メジャーな俳優まで様々。
シネセゾン渋谷で4/2から公開されていたのだが、
レイトショーになってやっと観る事が出来た。
結構人も入っていて驚く。カフェとのコラボがイマっぽい。

コーヒーとタバコとちょっと微妙な距離のある人間達の会話。
これが独特のテンポと音楽に乗り、実に軽妙なリズムで淡々と進む。
ちょっとした間合や何気ないしぐさ、本人が演じる本人のエピソードなどが
観客をくすぐりまくる。

オープニングはノリノリのナンバー、リチャード・ベリーの『ルイ・ルイ』♪

『変な出会い』1986
(ロベルト・ベニーニ/スティーヴン・ライト)
とあるカフェで待ち合わせたテンションの違う居心地悪そうな二人。
変てこなオチと、ずらっと並んだコーヒーカップが印象的。

『双子』1989
(ジョイ・リー/サンキ・リー/スティーヴ・ブシェミ)
「ミステリー・トレイン」を彷佛させるプレスリーネタと、
双児の相反しながらシンクロした演技がさすが姉弟。

『カリフォルニアのどこかで』1992
(イギー・ポップ/トム・ウェイツ)
音楽性の違う二人の有難迷惑なひたすらズレまくった会話が絶妙。
何だかんだと禁煙を破って意気投合と思えば、ドラムのネタでまた離れ、
お互いジュークボックスに曲が入っているか確認している部分には爆笑。

『それは命取り』2003
(ジョー・リガーノ/ヴィニー・ヴェラ/ヴィニー・ヴェラ・Jr)
タバコは毒だと言いつつ、コーヒーを飲みまくる友人。
子供が食べている高価な『豆』が日本製…これはヘルシーという意味か?

『ルネ』1993
(ルネ・フレンチ/E・J・ロドリゲス)
砂糖の量にこだわり飲んでいる、謎の美女ルネと、
興味しんしんなボーイの会話が典型的なコメディ。
だが、ルネの読んでいる雑誌が超ハード!

『問題なし』1993
(アレックス・デスカス/イザック・ド・バンコレ)
意外と有りがちなのでは?
久し振りに会いたくなり電話で呼び出したものの特に話す事も無く順調。
それが本当か妙な気をまわす友人が空気を読めずに空回り。

『いとこ同士』2003
(ケイト・ブランシェット)
高級ホテルでの成功した女優と、そうではない、いとこの会話。
ちらほら毒を吐くいとこに、引きつりながらもさりげなくあしらい、
笑顔を絶やさないケイト!この両方、さすが女優の演技!!

『ジャック、メグにテスラコイルを見せる』2003
(メグ・ホワイト/ジャック・ホワイト)
ストライプスの二人が出演。
オタク青年が共鳴体の実験のためテスラコイルを自慢げに見せるが…
どうやら彼女のほうが上手のよう。

『いとこ同士?』2003
(アルフレッド・モリナ/スティーヴ・クーガン)
ただのファンなのか本当に親戚なのか、緻密な家系図を持って来た
初めて会う俳優同士の牽制しあい、利用しあう姿が絶妙。

『幻覚』2003
(GZA/RZA/ビル・マーレイ)
健康に気遣い紅茶を注文する、クラブで活躍するミュージシャン達と、
お忍びで?カフェで働くビル・マーレイの素頓狂な会話!!!

『シャンパン』2003
(ビル・ライス/テイラー・ミード)
仕事の合間に人生に紙コップでのコーヒーをシャンパンに見立てて乾杯!
切なくもユーモラスな素敵なご老俳優達。

そして…エンディングはイギー・ポップの『ルイ・ルイ』♪
こちらはイギーちゃんらしいハードな音。

エンドロールのジョー・ストラマーへのクレジットが泣ける。
ちなみに各シークェンスごとに流れる音楽もファンク、スカを中心に、
もちろんザ・ストゥージズやトム・ウェイツのナンバーも含め、
ムーディーなメロディまで主張し過ぎず程よく流れ、
モノクロ画面のスクリーンにしっくりくる。

全編とりとめもないバラバラの会話と音楽なのだが、
“タバコとコーヒーは最高のコンビ”“カフェインは体に悪い”
“地球はひとつの共鳴体”“コーヒーとタバコが昼食?”
などと、
それとなく、各エピソードを上手くつなげている辺り、
さすがジム・ジャームッシュ!!!
カフェでコーヒーを飲みながら、タバコの煙くゆらし、
知っている人、知らない人と語り合い過ごすひととき。
微妙な間柄の登場人物達の、ちょっと気まずい時間達。
こういうちょっとしたシチュエーションをユーモアに描くのがとにかく上手い!
11本の“気まずさ”を大いに楽しんだ。

ちなみに各地で公開され(て)いるようなので、
気になる方はゼヒお早めに!!
 
 
2005/9/9発売決定!
国内版DVD 
コーヒー & シガレッツ
(初回限定生産スペシャル・パッケージ版)

B0009YGWOU

国内版サントラ
コーヒー&シガレッツ
サントラ
B0007OE3Q6

 
輸入版ビデオ
Coffee & Cigarettes / (B&W Slip)
COFFEE & CIGARETTES / (B&W SLIP)
B0002I83YU

輸入版サントラ
Coffee and Cigarettes
Original Soundtrack
B0001XAO7U

 
 

最近発売されたジム・ジャームッシュの作品集DVD-BOX(限定生産)
ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999
工藤夕貴 ジム・ジャームッシュ ジョー・ストラマー
B0007IMMTM

*「ミステリー・トレイン」「ナイト・オン・ザ・プラネット
 「デッドマン」「ゴースト・ドッグ」1989-1999制作の4本が収録。
 スリムでおしゃれなケース入り。ポストカード付。

ちなみに、これ以前の作品
パーマネント・バケーション
ストレンジャー・ザン・パラダイス
ダウン・バイ・ロー」のDVDは現在入手が難しい。
 何度も観過ぎてビデオが伸びたので、この機会にゼヒDVD、再発売を望む!

結構充実していて重宝している2000年発行の書籍。
ジム・ジャームッシュ
4924609757
*「パーマネント・バケーション」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」
 「ダウン・バイ・ロー」のシナリオも掲載されている。
 

| | Comments (9)

March 20, 2005

「えびボクサー」

[DVD映画]★★★☆☆

く…下らないのに大真面目!これぞB級ヒューマン・コメディ!!!
もちろん、アルバトロスさん配給の「えびボクサー」。

監督・脚本は日本初登場のマーク・ロック。
編集を「バロン」のピーター・ハリウッド。衣裳は「穴」のシャロン・ギラーム。
役者も「スライディング・ドア」のケヴィン・マクナリー、
「ぼくの国、パパの国」のマドハヴ・シャルマと、ちょっぴりメジャ−???

イングランドでかつてボクサーだったビル(ケヴィン・マクナリー)は、
パブを経営している嫌味でしょぼくれた中年男。
客には「バーのつまみは、人の小便で汚れている」と言って出す始末。
こんなでは店が繁盛するわけが無い。
ある日、友人何でも屋アミッド(マドハヴ・シャルマ)に、
カリブ海に生息するマンティス・シュリンプ=カマキリエビが、
獲物を巨大なハサミで殴って気絶させる映像を見せられ、
その中で体長2メートルに達する巨大えびが見つかったので、
人間VSえびのボクシング試合で金を儲けようと提案される。
そこで、ビルは全財産を使いミスターCという巨大えびを購入しバンに積み込み、
若いアマチュア・ボクサーのスティーヴ(ペリー・フィッツパトリック)と、
その恋人シャズ(ルイーズ・マーデンボロー)と共に夢に向かって走り出す!
だが…前途多難な一行だった。
まず、巨大えびミスターCの飼育が大変!
小えびを1日18kg食べさせ(共食い?)、殻に補湿クリームを1日3回塗り、
エラの下や、関節マッサージを1日10分してあげる。
自分達の生活もままならぬまま、ロンドンで売り込みを始めるが
なかなか上手くゆかない。所持金も底をつく。
しかし、ビルは成功を信じ、ミスターCに情を感じ…そして愛しながら?
テレビ出演のために努力する…さて運命の結末は???

冒頭から手を抜かずにクソ真面目に美しい映像としっとりした音楽♪
中年おやじの荒唐無稽の儚い夢と、愛情を描いたこれでこそ B級!!な映画。
とにかくチープな造りのミスターC!
これがまた、顔見知りは大事にしたり、海を恋しがったり…なかなか可愛い。
でも自分に攻撃するヤツには破壊力満点のパンチを出すのだ。
ファイト・シーンもほとんど無く、これは間違っても格闘モノではない。
ミスターCに出会う事によってそれぞれの道や愛を見つける、
おバカな人間達のヒューマン・コメディなのだ。
役者のおかげか、演出のおかげか、脚本のおかげか、
日本でこれにインスパイアされ制作された「いかレスラー」のような寒さは無い。
腰抜けするほどバカバカしい内容なのだが、呆れる程の温かい気分で映画は終わる。
ケヴィン・マクナリーはビル役のために6キロ増量したそう。
真剣におバカなものを作る姿勢。
これが出来上がりに反映している気がするのであった。

「えびボクサー」オフィシャルサイト
 ↓
http://www.albatros-film.com/movie/ebi/

えびボクサー
ケヴィン・マクナリー マーク・ロック ペリー・フィッツパトリック

by G-Tools

 

| | Comments (0)

October 26, 2004

「笑の大学」

[映画劇場試写会]★★★★★

試写会に行ってまいりました。
まさに芝居を観ているような映画。
役所広司さんにマジ大爆笑。

1996年に初演された三谷幸喜原作の舞台を、
この映画のために脚本を書き下ろし、新たなエンディングを創り、
「古畑任三郎」シリーズを手がけた星護〈ほし まもる〉の映画監督デビュー作。

昭和15年。戦争によって大衆娯楽の演劇にも検閲が。
劇作家の椿一〈つばき はじめ〉(稲垣吾郎)は、
公演の迫った新しい台本の検閲のため、警視庁の取調室へ。
そこにいたのはこれまで心から笑ったことのない堅物の検閲官、
向坂睦男〈さきさか むつお〉(役所広司)だった。
向坂はありとあらゆる注文をつけて不許可にしようとするのだが、
椿はそれを逆手に取ってさらに面白い台本へと書き直してくる。
2人で台本を作り直してゆく7日間のうちに、
検閲というよりもより傑作の喜劇を生み出していくのだ…。

場面は劇場とその付近と取調室とその付近、以上2ケ所のみ。
これで飽きさせないのは役者2人の演技力とテンポ、独特のカメラアングル、動と静。
役所広司さんの「 Shall we ダンス?」よりも更にパワーアップした演技は、
ホントに上手い!そしてキョーレツ!!
そういえば、彼はそもそもお役所勤務…。おお!ぴったりな役ではないか。
稲垣吾郎ちゃんの時には熱く時にはクールで軽妙な淡々とした演技もぴったり。
吾郎ちゃんの情けない表情は最高に楽しめます。
この2人のかけ合いに会場はしばしば大笑い!!!

ちなみにモデルになった人物は喜劇王・エノケンの座付作家・菊谷栄さん。
なんと実際にモデルがいたとは驚き。

しかし「くだらないけど面白い!」というセリフはこんな場面だったのか…。
そうだよな〜戦時中だもの…と、しみじみ思った次第。
なお、エンドロールのクレジット見て気付く、『あんな人』や『こんな人』が出演。
でも主役の2人に圧倒されて、見逃しまくり…。
古いポスターのレトロな感じや看板、通行人の衣裳など
細かいトコロが凝っていてこれも良かった。

この秋、ゼヒおススメの極めてシンプルな逸品!


笑の大学 オリジナルサウンドトラック
笑の大学 オリジナルサウンドトラック
サントラ, 本間勇輔
 

ついにDVD発売!
笑の大学 スペシャル・エディション
役所広司 三谷幸喜 星護 稲垣吾郎

笑の大学 スタンダード・エディション
役所広司 三谷幸喜 星護 稲垣吾郎


| | Comments (6)

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明