2 posts categorized "★芸術系"

May 27, 2008

「アイム・ノット・ゼア」

[劇場映画]★★★★☆

詩人・アウトロー・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター
この6つのキャラクターを6人の豪華キャストが演じる異色作。
様々な側面を持つボブ・ディラン?という人物に
ますます興味が湧いてくる作品。

_______________

「アイム・ノット・ゼア」
原題:I'M NOT THERE

製作国:アメリカ(2007)
監督:トッド・ヘインズ
製作:クリスティーン・ヴァション/ジェームズ・D・スターン
   ジョン・スロス/ジョン・ゴールドウィン
原案:トッド・ヘインズ
脚本:マット・グリーンハルシュ/オーレン・ムーヴァーマン
撮影:エドワード・ラックマン
音楽監修:ランドール・ポスター/ジム・ダンバー

出演:
クリスチャン・ベイル(ジャック/ジョン牧師)
ケイト・ブランシェット(ジュード)
マーカス・カール・フランクリン(ウディ)
リチャード・ギア(ビリー)
ヒース・レジャー(ロビー)
ベン・ウィショー(アルチュール)
ジュリアン・ムーア
シャルロット・ゲンズブール
ミシェル・ウィリアムズ
デヴィッド・クロス
ブルース・グリーンウッド
__________________

シネマライズにて鑑賞。
6人の演じるディランの人格が交差して描かれるため
ちょっと入りにくいのと
エピソードや曲を知らないと面白さ減だが
それぞれのキャラクターのセリフが印象深く
とても面白いつくりになっていた。
まだまだ自分の中で消化出来ていない部分もあるのでざっくりと感想を。

奇しくもトッド・ソロンズの『アビバの場合』のようなものを
想像していたのだが、アプローチが似て異なるものだったかも。
名前も年齢も性別すらも違う6人の物語をとおして
たしかにボブ・ディランという人物像が浮かび上がってくる。

リアルタイムではないのだが一度生で観ていたボブ・ディラン大先生。
その昔その歴史も本にて仕入れて勉強したが
見事に抜けている部分も多く…
もう一度ちゃんとアルバムを聴きたくなってしまう。

前評判どおりケイト・ブランシェットがとにかく似ているというか
性別を越えてなりきっているそのたたずまいと演技が素晴らしい!!!
時代を感じるエピソードも多いので
音楽ファンには一見の価値有り。
ラストのご本人のライブ映像が効いてます。

「アイム・ノット・ゼア」オフィシャル・サイト

B001CSMGOWアイム・ノット・ゼア
クリスチャン・ベイル, ケイト・ブランシェット, リチャード・ギア, ヒース・レジャー, トッド・ヘインズ
Happinet(SB)(D) 2008-10-24

by G-Tools
アイム・ノット・ゼアアイム・ノット・ゼア
サントラ カレン・オー ロジャー・マッギン メイソン・ジェニングス ロス・ロボス ジェフ・トゥイーディー マーク・ラネガン ウィリー・ネルソン エディ・ヴェダー ソニック・ユース ジム・ジェームス

ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 LIVE キープ・イット・シンプル DYLAN ボブ・ディランのテーマ・タイム・ラジオ・アワー

by G-Tools

アイム・ノット・ゼア (クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット出演)
B00130HI4C

| | Comments (0)

March 02, 2006

「拘束のドローイング9」

[劇場映画]★★★★☆

待っていたマシュー・バーニーの映像作品が遂に劇場公開!!
2005年夏金沢での個展での公開は観にゆけなかっただけに嬉しい限り!
広告やフライヤーのあのキービジュアルがそんな場面だなんて!!!
捕鯨用のナイフがそういえば二人の手に…!!!!!

マシュー・バーニーの映像作品には「クレマスター3」の公開でハマった。
内容的にも極めて毒のある強烈な作品で、かなりの衝撃を受けた記憶がある。
昼から夕方まで休憩挟む長時間の上映の上に、
濃厚な映像でおなかいっぱい、頭は破裂しそうだった。

その「クレマスター・サイクル」シリーズが完結し、
数年を経た「拘束のドローイング9」。
今回も大自然と建造物と人間の身体をモチーフに、
彼の永遠のテーマである“拘束と解放”を、(彼らからみた)日本の伝統文化 
…捕鯨、海女、茶の湯、能、婚礼衣装、阿波踊り、など…を取り入れ、
ストーリーがなんとなくあるような形で綴られる芸術的な映像作品。
ビョークの美しくセツないピュアな音楽と共に
マシュー・バーニーとビョークの演じる異国の二人の愛の奇跡を描いている。
まさに多才な二人の愛のコラボレーションだ。
日本では昨年2005年夏に金沢で開催された個展で公開されたている。
今回は普通の長さ、135分のアメリカ作品なので夜の回に観ることが出来た。

なんと日本でのロケーションのため、
捕鯨船での作業場面、茶室での『日新丸』のエピソードなど、
映像やナレーションが所々むずかゆい妙な感じであった。
しかしながらミニマムかつプリミティブな音楽と
スケールの大きい映像美との絶妙なコラボレーションには
冒頭のラッピングのシーンから息をのみ心を奪われる。

まるで“鬼”を連想させる、毛皮と海産物などでつくられた
和装の婚礼衣装をまとう二人。
バーニーは侍さながらに頭を刈られ、
ビョークは髪を結い上げ眉を剃りお歯黒と口紅を差される。
外国人からみたちょっと毒のある妙な日本のイメージと
それをクールに演じる日本の方々との妙なリアルさとそのギャップが面白い。
そんな異国で恋する外国人達の純粋で野蛮な行動の生み出すもの。
鯨から排泄される謎の香りとは???
能の旋律と唄が映像とリンクして、
その展開には思わず少し目を覆わすにいられない。

この“拘束のドローイング”シリーズのシンボルである
クジラの図案の“フォールド・エンブレム”
(バーニーが多用する楕円と長方形のマーク)が
ラッピングの封だったり、巨大な鋳型で形作られたり、
板前さんが食事用に型抜きしたり(笑)…
この作品のあらゆる所に色々な形として登場する。
残酷なタブーや壮大な人工建造物を描きつつ自然回帰を促す
マシュー・バーニーは、この作品では最終的に身体を解放するのだ。
壮大な大自然の中を進む『日新丸』と二つの生物!!!
謎は残りつつもちょっと救われた気分になる。

東京での公開は2005/2/11〜3/3までシネマライズで。
もうすぐ終了なのでお早めに!!!

「拘束のドローイング9」オフィオシャルサイト
上記の二人の和装写真もあり。
軽く解説もあるので、気になる方はこちらまで!
 
マシュー・バーニー「拘束のドローイング展」オフィオシャルサイト
作品展「拘束のドローイング」を知りたい方はこちらへ!
 
ビョークの音楽と日本の民族音楽との融合が面白い♪
拘束のドローイング9 サウンドトラック
ビョーク
B0009V1G1W

「クレマスターサイクル」の制作過程を収録したアート本
THE CREMASTER CYCLE
Matthew Barney Nancy Spector
0892072849

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

■ツナガリレビューリスト | ◆アルバトロス配給作品 | ◆スタジオジブリ作品 | ◆スター・ウォーズ シリーズ | ◆ディズニー | ◆ドグマ95作品 | ◆ナルニア国物語 | ◇アニメ−ション作品 | ◇オムニバス作品 | ●SF系 | ●アクション系 | ●アドベンチャー系 | ●コメディー系 | ●サスペンス系 | ●スペースアドベンチャー系 | ●ドキュメント系 | ●バイオレンス系 | ●ヒューマンドラマ系 | ●ファンタジー系 | ●ブラックコメディー系 | ●ホラー系 | ●ミステリー系 | ●ラブ・ロマンス系 | ●ロード・ムービー系 | ●戦争系 | ●青春系 | ★ゾンビ系 | ★タイム・トラベル系 | ★ファミリー系 | ★ミュージカル・オペラ系 | ★ミュージシャン系 | ★ヴァンパイア系 | ★力強い女系 | ★動物系 | ★壊れゆく女系 | ★失われた記憶系 | ★子供系 | ★崩れた時間軸系 | ★怪物・怪獣系 | ★悲しき犯罪者系 | ★愛すべきB〜Z級系 | ★愛すべきおバカ系 | ★映画制作の裏側系 | ★歴史・社会の闇系 | ★泣ける映画系 | ★特撮ヒーロー系 | ★神話の世界 | ★芸術系 | ★詩人の世界 | アニメ・コミック | コミック | テレビドラマ | 作家:スティーヴン・キング | 作家:阿刀田高 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 映画監督 | 映画:アジア | 映画:アメリカ | 映画:イギリス | 映画:イタリア | 映画:オーストラリア | 映画:カナダ | 映画:スペイン | 映画:ドイツ | 映画:フランス | 映画:ヨ−ロッパ(その他) | 映画:ロシア | 映画:中国 | 映画:他の地域 | 映画:日本 | 映画:韓国 | 書籍 | 漫画家:D[di:] | 漫画家:上村一夫 | 漫画家:上條敦士 | 漫画家:吉田秋生 | 漫画家:萩尾望都 | 監督制作:ジョージ・ルーカス | 監督:カサベテス・ファミリー | 監督:コッポラ・ファミリー | 監督:サム・ライミ | 監督:ジム・ジャームッシュ | 監督:ジャン・コクトー | 監督:ジャン・ピエールジュネ | 監督:タランティーノ | 監督:ティム・バートン | 監督:テリー・ギリアム | 監督:パラジャーノフ | 監督:ヒッチコック | 監督:フランソワ・オゾン | 監督:ペドロ・アルモドバル | 監督:ロバート・ロドリゲス | 監督:小林政広 | 監督:庵野秀明